お問い合わせ: 0120-185-688 | 診察時間:土・日(第2日曜は休診)9:30〜12:30、14:00〜18:30/火・水・金11:30〜14:30、16:00〜20:30
Loading

ハイブリッド矯正(マウスピース矯正×部分裏側矯正)

マウスピース矯正(インビザライン)はコンピューターシミュレーション上で歯を一回につき0.25mmずつ移動させ、シミュレーションをもとにマウスピースを作ります。歯を0.25mmずつ動かしたマウスピースを2週間ごとに交換することでで、少しずつ歯を動かしていくという装置です。マウスピース(インビザライン)は無色透明なので、矯正歯科治療をしていることを人に気づかれにくいですし、約0.5mmと薄くなめらかなので違和感も少ないのが特徴です。また取り外しができるので歯磨きが難しいという心配もありません。いいことばかりの理想的な矯正装置のように思えます。問題があるとすれば歯の移動量が一回につき0.25mmですので治療期間が長くかかってしまう場合があるということと、マウスピースの弾力で歯を動かす仕組みでは苦手な歯の動きがあるということです。見た目が良く違和感が少ない、また取り外しができるというメリットがありながら、一回の移動量が少ないことや、苦手な歯の動きがあるというデメリットのせいでマウスピース矯正歯科治療を諦めてしまうというのは非常にもったいないことです。

02_18mouthpiece02_01

大阪「梅田リンガル」ではインビザラインの長所と裏側矯正の長所を生かした、ハイブリッド矯正を行っています。ハイブリッド矯正とはまず大きな歯のズレや隙間を短期間、部分的な裏側矯正で改善し、ある程度歯が並んだ時点でマウスピース矯正(インビザライン)に切り替えるという方法です。ワイヤー矯正を組み合わせた場合、短期間とはいっても矯正装置を3ヶ月くらいつけることもありますので、当院ではこの期間も見えない・目立たない矯正歯科治療にこだわります。ハイブリッド矯正(インビザライン・裏側部分矯正併用法)は目立たない矯正歯科治療で他人から気づかれることなく、インビザラインの治療期間を短縮することができ、またインビザライン単独では治すことが難しかった症例への適応が可能になります。

02_07lingual_braket01

裏側矯正歯科医院大阪「梅田リンガル」は症例に応じてインビザライン単独での治療よりも部分的な裏側矯正歯科治療を併用したハイブリッド矯正をお勧めしております。インビザラインでの矯正歯科治療に興味があっても治療期間のことやご自分の歯並びがマウスピース矯正で治すことができるのかといったことでお悩みの方は当院にお気軽にご相談ください。