blog院長ブログ

マウスピース矯正装置の種類と特徴

マウスピース矯正には様々な種類があります。日本では「アクアシステム」「アソアライナー(クリアアライナー)」「インビザライン」「オペラグラス」「DENマウスピース」などがあります。全てのマウスピース矯正に共通する特徴は透明なプラスチックの弾性力によって歯を動かすことです。当院ではマウスピース矯正装置として「インビザライン」と「クリアライナー」の2種類を取り扱います。今回のブログでは「インビザライン」と「クリアアライナー」について簡単にご説明します。

150527umeda62150527umeda76

インビザライン

世界中で使用されているマウスピース矯正装置で、患者さんの数は340万人を超えています。コンピューターシミュレーションで最終的な歯並びを作成し、現在の歯並びから治療後の歯並びに至るまで、0.25mmずつ歯を動かすためのマウスピース矯正装置を必要な数だけ作成します。1日に20時間以上使用し、2週間ごとに新しい装置に交換するのが一般的です。インビザラインの他のマウスピース矯正装置にはない特徴は、予測通りに歯が動けば歯型取りが一回ですむことと、アタッチメントと呼ばれる歯に付ける目立たない突起物により、歯を効果的に移動できるということがあります。デメリットの一つとしては海外で作成されるため装置到着まで時間を要することです。

クリアアライナー(アソアライナー)

20日ごとに歯型を取って、新しいマウスピース矯正装置を3個作成します。インビザラインと比較するとアタッチメント(歯に付ける突起物)が使えないということから歯の動きに制限があることや、一回の歯型で作成できるマウスピース矯正装置の数に制限がありますが、日本のラボで作成するため10日ほどで装置が完成します。これらの特徴より、矯正治療後のちょっとした後戻りを治療するのに最適です。

様々なマウスピース矯正装置がある中で、当院が主にインビザラインを採用している理由は、インビザライン社が2種類の重要な特許を持っているからです。一つ目は1回の歯型取りで、全てのマウスピース矯正装置を作ることができるということです。何回も歯型を取る必要がなく、患者さんの負担を減らすことができます。二つ目が、歯の形状に凹凸が少なくマウスピース矯正装置が歯をとらえにくい場合でも、アタッチメントという厚さ1mm程度の歯と同色の突起物を歯につけることにより歯を効果的にコントロールし易くすることができます。これらの2つの特許により、インビザラインは他のマウスピース矯正には真似できない独自の進化を遂げています。もちろんインビザラインにも短所はあります。例えば最初にマウスピース矯正装置を全部作ってしまうため、歯がシミュレーションと違う動きをしてしまった場合や虫歯により歯の形状が変わった場合には、新しく歯型を取り直して装置を作り直す必要があります。また治療上必要な歯の動きによってはワイヤーでの矯正にくらべて時間がかかることがあります。

当院ではそれぞれの矯正装置の種類による長所と短所をふまえ、一人一人の患者さんに一番合った矯正装置をお勧めします。マウスピース矯正と裏側矯正治療のどちらかで迷われている方はお気軽に当院にご相談ください。

裏側歯列矯正とマウスピース矯正の初診コンサルテーション

初診コンサルテーションのご予約はインターネット or フリーダイヤルで

フリーダイヤルでのお問い合わせの際は、診療時間内におかけください。

梅田リンガル

  • 住所
    大阪府大阪市北区曽根崎新地1-3-16京富ビル9F
  • アクセス
    JR大阪駅 徒歩5分|JR北新地/地下鉄西梅田駅 徒歩1分
  • 完全個室・CT・口腔内スキャナー完備、土日祝日診療

診療時間

平日
11:30-14:30, 16:00-20:30
土日祝
9:30-12:30, 14:00-18:30
月・木・第2日曜
休診