お問い合わせ: 0120-185-688 | 診察時間:土・日(第2日曜は休診)9:30〜12:30、14:00〜18:30/火・水・金11:30〜14:30、16:00〜20:30
Loading

口腔内スキャナ導入します。歯医者さんの歯型採りが楽になる方法

矯正歯科に限らず、歯科医院で治療を受ける際には歯型採りが不可欠です。一番身近なのが虫歯の治療の際に行う銀歯を作るための歯型採りです。冷たい粘土のような材料を歯に押し当てて歯の形を記録します。矯正治療では精密検査の際とオーダーメイドの矯正装置を作る際には歯型採りが必要です。当院では全ての患者様に対してオーダーメイドの装置を製作しております。既製品をそのまま歯に付けるというようなことはありません。その中でも特にマウスピース矯正(インビザライン)の歯型採りは精密な歯型が必要となります。インビザラインは1装置につき0.25mmづつ歯を動かす装置ですので歯型には0.1mm単位の精度が必要です。したがってインビザラインの歯型採りではシリコン印象というゴムのような材料を使用します。

silicone-impression

印象材の種類

通常の歯型はアルジネートといって粉と水をまぜた粘土のような材料で採ります。アルジネート印象は水の蒸発や吸水、歯から材料を外す際の変形があり、そしてそのアルジネート印象から石膏模型を製作する際に、石膏の膨張や気泡の混入、表面の荒れなどがあるため、これらの要因から多少精度が落ちてしまうということがあります。より精密な歯型を採るためにはこのような問題が少ないシリコン印象材を使う必要が出てくるのです。シリコン印象材は変形が少ないというメリットがある反面、歯から材料を外す際に歯に大きな力がかかることや、硬化時間が遅いのでお口の中でおよそ5分間材料を保持しておかなければならないというデメリットがあります。またシリコン印象材は水とのなじみが悪いので歯に唾液が付着していると正確に歯型が採れないということがあり、何度か採り直しが必要となることもあります。これらのことからシリコン印象は精密な矯正装置を製作するためには必要不可欠なのですが、患者さんの負担が大きいものでした。特に上の歯型採りでは嘔吐反射が起こりやすいこともあり、人によっては印象材をお口の中で5分間保持することは想像以上に苦しいかもしれません。

印象の硬化時間をなるべく楽にする方法

印象材がお口のなかで硬化するまでの時間は椅子を起こしてもらい、顎を引いて下の方(つま先辺り)を見るようにし、さらには鼻でゆっくり息をするとある程度息苦しさは改善されます。緊張からくる嘔吐反射もありますのでリラックスすることも重要です。もし診療室のディスプレーに映像が流れている医院でしたらその映像を見るのもいいかもしれません。歯科医院での歯型採りが苦手な方は一度この方法を試してみてくださいね。

歯型を採らずに治療を受ける方法

cerec

歯型採りはある程度は姿勢や呼吸の仕方で息苦しさや嘔吐反射は改善できますが、やはり完全に快適というわけにはいきません。そこでこのシリコン印象採得を行わずに精度の優れた歯型を採るために当院が導入することになったのが口腔内スキャナという装置です。口腔内スキャナはコピー機で原稿を読み取るようにお口の中に入る小さいカメラで歯の形をスキャンします。私が学生時代には将来的に歯型が必要なくなる時代が来るかもしれないと言われていましたが、まさか生きている間に実用化されるとは思ってもみませんでした。数年前までは精度にまだ問題がありましたが、最新のスキャナはシリコン印象と同等の精度で歯列をスキャンできるようになっており、歯の形状や歯並びによってはシリコン印象以上の精度で歯型を採ることができます。この装置でお口の中をスキャンすれば、患者さんの負担を軽減することができ、さらにはより精密なマウスピース矯正装置を製作することができます。

次回はこの口腔内スキャナについて詳しく解説したいと思います。