blog院長ブログ

歯列矯正でガミースマイルは治せるか

ガミースマイルとは笑った時上の歯茎が見えることを言います。女優さんの中にも笑った時歯茎が見える方は多くいらっしゃいますが、歯茎が見えることを気にされている方が多いのも事実です。笑った時に歯茎が見える原因は、口の周りの筋肉のバランスや強さ、唇の厚みなど種々の要因が考えられますが、主な原因は上顎骨の縦方向への過度な成長です。したがってガミースマイルを根本的に治療するには上顎骨の手術をして余分な骨を除去しなければなりません。ただこの手術は全身麻酔をしないといけませんし、1〜2週間の入院が必要で、術後はかなりお痛みがあります。簡単にできるものではありません。できれば手術をしないで治療されたいという方がほとんどではないでしょうか。

これまでガミースマイルの治療は手術による方法しかありませんでしたが、近年、歯科矯正用アンカースクリューの登場で歯列矯正単独でもある程度ガミースマイルを治療できるようになりました。歯科矯正用アンカースクリューとは矯正治療の際、固定源(歯を引く土台)として用いる純チタン製の小さなネジのことです。このインプラントアンカー(歯科矯正用アンカースクリュー)を上顎の骨に埋入し、そこから上の前歯を上方に引き上げるということをします。インプラントアンカーを上顎骨に入れるには手術が必要ですが、顎の骨の手術のような大がかりなものではなく、局所麻酔で5分程度の時間で行うことができ、出血やお痛みもほとんどありません。また裏側矯正歯科治療でインプラントを併用する場合、アンカーを上あごの裏の骨が最もしっかりした場所に入れることができ、インプラント脱離のリスクを格段に軽減することができます。このインプラントアンカーから前歯を上方向に引き上げると、歯茎も一緒に上方向に上がってくるので歯茎の見え方を少なくすることが可能です。

ただここで一つ注意しないといけないのはインプラントアンカーを用いた矯正歯科治療はまだまだ発展途上ということです。インプラントアンカーから上の前歯を上方向に引き上げると、前歯の傾きのコントロールが難しくなります。歯を上方向に引き上げながら前歯の傾きを適切にコントロールするには、この副作用をよく理解し、予測される副作用を打ち消すようなワイヤーの調節や歯に付ける矯正装置の特殊な設計が必要となります。当院ではインプラントアンカーを用いたガミースマイルの治療を数多く行っております。ガミースマイルでお悩みの方は裏側矯正歯科医院大阪梅田リンガルにご相談ください。

裏側歯列矯正とマウスピース矯正の初診コンサルテーション

初診コンサルテーションのご予約はインターネット or フリーダイヤルで

フリーダイヤルでのお問い合わせの際は、診療時間内におかけください。

梅田リンガル

  • 住所
    大阪府大阪市北区曽根崎新地1-3-16京富ビル9F
  • アクセス
    JR大阪駅 徒歩5分|JR北新地/地下鉄西梅田駅 徒歩1分
  • 完全個室・CT・口腔内スキャナー完備、土日祝日診療

診療時間

平日
11:30-14:30, 16:00-20:30
土日祝
9:30-12:30, 14:00-18:30
月・木・第2日曜
休診