blog院長ブログ

インプラント矯正のメリットその1

インプラント矯正とは歯科矯正用アンカースクリュー(矯正用インプラント)を用いた矯正歯科治療のことをいいます。抜けた歯の代わりとなるインプラント(デンタルインプラント)とは違い、矯正用のインプラントは直径が2ミリ以下で長さも1センチ以下とかなり小さいチタン製のネジのようなものです。この小さなネジのおかげで従来の矯正歯科治療とは全く違う治療ができるようになっています。インプラント矯正は最新の治療法でまだまだ普及しているとは言えません。そこで今回は「インプラント矯正のメリットその1」ということでインプラント矯正のいい所を一つ紹介したいと思います。

02_14implant_vis01

矯正歯科治療の無料カウンセリングをしていますとよくご質問をいただくのが治療期間についてです。矯正歯科治療についてなんとなく時間がかかりそうだということを感じておられる方が多くいらっしゃいます。確かに歯を大きく削って、被せ物で歯並びを整えるような治療に比べると矯正歯科治療は時間がかかります。ただし矯正用のインプラントを使用するだけで治療期間を大幅に短縮することができるようになりました。

矯正歯科治療でよくあるケースですが、前歯が前に反っていて口元が大きく突出している場合に小臼歯といわれる前から数えて4番目の歯を抜き、その隙間を使って口元の突出感を改善するという治療方法があります。こういったケースではまず糸切り歯(前から3番目の歯)を1本動かして4番目の歯を抜いた場所に収めます。そしてそのあと前歯を動かして隙間を埋めるという手順で歯を動かしていました。歯を動かす量はおよそ1ヶ月に1ミリなので、小臼歯を抜いた隙間が6ミリだとすると、3番目の歯を動かすのに半年、さらに前歯を動かすのに半年かかりますので、隙間を閉じるだけで約1年かかっていました。

なぜこんな回りくどいことをするかというと、糸切り歯の根が長いため前歯全体(右の3番目から左の3番目の歯まで合計6本)を同時に動かすと、奥歯が前歯に引き寄せられて、口元が突出したままの治療結果になってしまうからです。そうならないように糸切り歯1本だけをまず動かしてそれから残りの前歯を動かさなければならなかったのです。ところがインプラント矯正ではその必要がありません。奥歯を矯正用のインプラントで固定してあげれば、前歯6本を同時に動かすことが可能ですので、隙間が6ミリだとすると半年で隙間は埋まります。従来の矯正歯科治療に比べ隙間を埋める段階だけで約半年の治療期間を短縮できます。

今後もインプラント矯正のすぐれた性質をご紹介していきたいと思います。

インプラント矯正にご興味のある方は裏側矯正歯科医院大阪「梅田リンガル」にご相談ください。

裏側歯列矯正とマウスピース矯正の初診コンサルテーション

初診コンサルテーションのご予約はインターネット or フリーダイヤルで

フリーダイヤルでのお問い合わせの際は、診療時間内におかけください。

梅田リンガル

  • 住所
    大阪府大阪市北区曽根崎新地1-3-16京富ビル9F
  • アクセス
    JR大阪駅 徒歩5分|JR北新地/地下鉄西梅田駅 徒歩1分
  • 完全個室・CT・口腔内スキャナー完備、土日祝日診療

診療時間

平日
11:30-14:30, 16:00-20:30
土日祝
9:30-12:30, 14:00-18:30
月・木・第2日曜
休診