お問い合わせ: 0120-185-688 | 診察時間:土・日(第2日曜は休診)9:30〜12:30、14:00〜18:30/火・水・金11:30〜14:30、16:00〜20:30
Loading

マウスピース矯正×インプラント矯正

近年インプラント矯正(歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療)が一般的に知られるようになってきました。またマウスピース矯正も一昔前には一部の簡単な矯正治療にしか適用ではないと考えられていましたが、材料や補助器具、新しいノウハウで難しい症例にも適用できるようになってきています。これらの新しい矯正歯科治療を組み合わせることでさらに高度な治療ができるようになっています。

マウスピース矯正の一つの弱点は治療期間が長くなる傾向があるということです。特に治療期間が長くなるケースは上の歯全体を後方に移動する必要がある症例です。通常のワイヤー矯正と矯正用インプラントを併用する方法では上の歯全体をまとめて後ろに牽引するということを行うので上の14本の歯を同時に動かすことができます。それに対し、マウスピース矯正単独で上の歯を後方に移動させたい場合には、まず一番奥の歯を1本動かし、次に奥から2番目の歯を1本動かしというように、順番に1本ずつ動かす必要があり、この方法だとどうしても治療期間が長くなってしまいます。ところがマウスピース矯正にも矯正用インプラントを併用することで、従来の1本1本動かすといった必要がなくなり、治療期間を大幅に短縮できるようになってきています。マウスピース矯正とインプラント矯正を併用している医院はまだ少ないのが現状ですが、近い将来このような治療がスタンダードになってくることが予測されます。

当院ではマウスピース矯正と部分裏側矯正を併用したハイブリッド矯正を行い治療期間の短縮やマウスピース矯正が適用できる症例を増やしていますが、これに矯正用インプラントを追加することでさらなる治療期間の短縮や適用範囲の拡大を行います。これまでマウスピース矯正の治療期間が気になっていた方は大阪「梅田リンガル」にご相談ください。