blog院長ブログ

受け口の治療法3選

前回は出っ歯の治療法についてご説明させていただきましたが今回は受け口の治療法についてご説明したいと思います。受け口とは一般的に下の前歯が上の前歯より前方に出ている状態を指します。この状態の中には上下のあごの骨の位置関係の前後が反対になっている場合と歯のみの位置関係が反対になっている場合とがあります。原因と程度により治療法は異なりますが今回は受け口の代表的な治療法を3つご紹介したいと思います。

①あごの骨の手術による治療法

下または上下のあごの骨を切り、上下の骨の位置関係を整えます。通常はまずある程度矯正治療で歯並びを整え、手術によりあごの位置関係を整えた後仕上げの矯正治療を行います。サージェリーファーストという治療法では最初に手術を行い、その後矯正治療を行いますが日本ではあまり普及していません。

②歯科矯正用アンカースクリュー(矯正用インプラント)によって下の歯を後方に牽引する治療法

手術による治療法が理想的という場合が多いですが、入院や全身麻酔下での手術を伴うことや、健康保険を適用する場合には表側に矯正装置をつける必要があることから、なかなか手術に踏み切ることができないというのが現状です。矯正用インプラントで下の歯を後方に牽引することである程度受け口を改善することが可能です。当院ではこの方法を選択される患者様がほとんどです。

③抜歯したスペースを使い下の歯を後方に下げる治療法

上下左右または下の左右の歯を1本ずつ抜いて、そのスペースを使い受け口を改善します。この方法で注意したいといけないのが口元が下がりすぎる場合があるということです。手術をしない場合上下のあごの骨の位置関係は受け口のままですので、口元が下がりすぎるとあごのズレをより強調する場合があります。当院ではそのようなことがないようできる限り歯を抜かずに矯正用インプラントで下の歯を後方に牽引します。

このように矯正用インプラントの登場により受け口の治療法に選択肢が増えています。受け口は放っておくと奥歯の負担が大きいため、一度矯正専門の先生にご相談されることをお勧めします。

裏側歯列矯正とマウスピース矯正の初診コンサルテーション

初診コンサルテーションのご予約はインターネット or フリーダイヤルで

フリーダイヤルでのお問い合わせの際は、診療時間内におかけください。

梅田リンガル

  • 住所
    大阪府大阪市北区曽根崎新地1-3-16京富ビル9F
  • アクセス
    JR大阪駅 徒歩5分|JR北新地/地下鉄西梅田駅 徒歩1分
  • 完全個室・CT・口腔内スキャナー完備、土日祝日診療

診療時間

平日
11:30-14:30, 16:00-20:30
土日祝
9:30-12:30, 14:00-18:30
月・木・第2日曜
休診