blog院長ブログ

妊娠中に歯科治療をしても大丈夫?

妊娠中にはやはりお腹の中の赤ちゃんのことを第一に考えないといけませんので歯科治療によって赤ちゃんに負担がかからないかということは妊娠中の方やこれから妊娠を考えられている方にとって一番気になるところです。今回は妊娠中の歯科治療について3つのことをご紹介します。

①レントゲン検査

歯科治療で必要不可欠なものの中にレントゲン検査があります。歯科用のレントゲンはデジタル化によってかなり被曝量が少なくなっています。また歯科では基本的に首より上部しか撮影しないので胎児にそれほど影響はありません。それでも散乱線といい、ごく微量ではあるのですが頭部の歯や骨などに反射する放射線があります。この散乱線からお腹周りを守るためにはレントゲン防護服が必要です。できれば通常のエプロンのようなものではなく、すこし重いですがお腹から背中まで覆うことができる防護服があれば理想的です。

②飲み薬、麻酔

歯科では抗生剤や痛み止めを処方することや、歯の治療のために局所麻酔を用いることがあります。まず飲み薬の中には胎盤を通過しやすいものがあり、また抗生剤の中には赤ちゃんの歯を着色してしまうものもあります。妊娠中にはこれらの薬剤を使わないようにします。次に局所麻酔についてですが、麻酔の中には血管収縮薬という成分が含まれており、子宮の収縮に影響することがあります。したがって局所麻酔が必要となる処置はできるだけ安定期に行うようにし、妊娠後期で急を要する場合には血管収縮薬を含まない麻酔薬を使います。

③虫歯や歯茎の腫れ

妊娠中にはホルモンバランスが大きく変化するため、その影響により虫歯ができやすくなったり歯茎が腫れやすくなったりします。妊娠中は唾液の分泌量が少なくなり、お口の中が酸性になった場合に中和する作用や、食渣を洗い流す力が弱まってしまうことから特に虫歯ができ易くなるのです。またホルモンの影響による歯茎の腫れがひどくなると早産のリスクを高めますので、そうなる前にケアが重要になってきます。妊娠中は産婦人科と一緒に歯科医院にも通い、お口の中を健康な状態に保ちましょう。

裏側歯列矯正とマウスピース矯正の初診コンサルテーション

初診コンサルテーションのご予約はインターネット or フリーダイヤルで

フリーダイヤルでのお問い合わせの際は、診療時間内におかけください。

梅田リンガル

  • 住所
    大阪府大阪市北区曽根崎新地1-3-16京富ビル9F
  • アクセス
    JR大阪駅 徒歩5分|JR北新地/地下鉄西梅田駅 徒歩1分
  • 完全個室・CT・口腔内スキャナー完備、土日祝日診療

診療時間

平日
11:30-14:30, 16:00-20:30
土日祝
9:30-12:30, 14:00-18:30
月・木・第2日曜
休診