blog院長ブログ

歯型は最も大切な資料です

歯科医院で必ずと言っていいほど必要になってくるのが歯型です。一般歯科では詰め物や被せ物や入れ歯を作製するために、そして矯正歯科では治療方針を決定するために、また矯正装置を作製するために歯型を採ります。

歯型を採る材料には様々なものがあります。最も一般的な材料はアルジネートです。ほとんどの方が経験されていると思いますが、ピンク色の冷たい粘土のようなものです。詰め物や被せ物の型を採る際には暖かい寒天を部分的に併用することにより(アルジネート寒天連合印象)より精密な印象を採ることができます。矯正治療では一般的にアルジネートとシリコン印象材を使用します。アルジネートは診断時に、そして精密に矯正装置を作りたい場合にはシリコン(ゴムのような材料)を使用します。シリコン印象材は固まるまでの時間が長かったり、歯から印象材をとりはずす際に大きな力が必要だったり、アルジネートに比べて歯型を採るのは一苦労です。しかし、シリコンは水分を含まないこともあり、材料の膨張や収縮が少なく、また歯から外す際の変形も少ないため、精密な技工操作が必要な装置を作製する際に重宝します。

歯科医師はこれらの印象材で採った歯型に石膏を流し込んで石膏模型を作り、診断や装置作製のために使用します。この石膏模型の精度は一般歯科では歯の詰め物や被せ物や入れ歯の適合に大きく影響し、矯正治療では装置の角度や位置に影響を及ぼします。矯正装置の精度がよいと、おのずと矯正治療の仕上がりがよく、また治療期間短くなります。実際の歯や歯茎の形態を正確に再現した石膏模型が歯科医にとっては最も重要と言っても過言ではありません。

当院ではアルジネートには硬化時間を温度に左右されるという性質を改善している製品を、また石膏には変形の原因となる水の使用が最も少ないものを使用しています。そして材料を練る際には印象材と石膏共に気泡が混入しないよう真空練和機という機械を使用しています。さらに石膏が固まる時の変形を防ぐために石膏の硬化途中は湿度を100%にした専用の容器に入れています。シリコン印象材は最も精度の優れているものを選定し、これも機械で混ぜ合わせています。どうしても人の手で操作をすると泡を混ぜ込んだり、準備に時間がかかり、お口の中に入れる前に中途半端に固まったりすることを防ぐためです。これらの工夫の積み重ねが最終的な治療結果につながるという思いから石膏模型を作成する際には上記のようなシステムを採用しています。

DSC_3339DSC_3306

裏側歯列矯正とマウスピース矯正の初診コンサルテーション

初診コンサルテーションのご予約はインターネット or フリーダイヤルで

フリーダイヤルでのお問い合わせの際は、診療時間内におかけください。

梅田リンガル

  • 住所
    大阪府大阪市北区曽根崎新地1-3-16京富ビル9F
  • アクセス
    JR大阪駅 徒歩5分|JR北新地/地下鉄西梅田駅 徒歩1分
  • 完全個室・CT・口腔内スキャナー完備、土日祝日診療

診療時間

平日
11:30-14:30, 16:00-20:30
土日祝
9:30-12:30, 14:00-18:30
月・木・第2日曜
休診