blog院長ブログ

矯正歯科で使用する接着剤

歯科用の接着剤には様々なものがあります。接着剤は一般的にしっかりとついて外れない方が良いとされていますが、矯正歯科治療においては少し違ってきます。

メモによく使用する付箋は壁やノートに簡単に貼ることができ、またいらなくなったら壁や紙を傷めることなく簡単に剥がすことができます。矯正歯科で使用する接着剤は付箋と同様に歯が綺麗に並んだ後、歯を傷めることなく綺麗に除去する必要があります。ここで問題となってくるのが矯正装置には強い力が加わる場合があるということです。食事や歯磨きの際、また矯正治療中に矯正装置には強い力がかかることがあります。この力に負けないだけの強度は必要です。つまりある程度強い力がかかっても外れずに、治療が終わったら簡単に外れるという接着剤が矯正歯科治療にとっては理想的な接着剤なのです。これらの性質を両立することは難しいため、接着剤として様々なものを使用してきました。当院では矯正装置を装着するための接着剤として3種類、奥歯につけるバンドを装着する接着剤として3種類、歯の表面処理をする薬剤を6種類用意し、歯の種類や修復物の材料などから最適な組み合わせを選択し、使用しています。どちらかというと歯を痛めないことを優先し、やや外れやすい接着剤をあえて選んで使用しています。たとえ患者様に装置の付け直しでご不便をおかけすることになったとしても、せっかく矯正治療で歯並びを綺麗にしたのに歯の表面の光沢がなくなったり、小さなヒビが入ったりということがないようにしたいという思いからです。

また強度だけではなく、虫歯ができにくいようフッ素が出てくる接着剤や、矯正装置を外す際に接着剤の取り残しがないよう、目立たない奥歯には青く着色された接着剤を使用することもあります。

DSC_2560-edited

歯科材料は日々進化しており、これからもっと理想に近い接着剤が出てくる可能性も十分あります。大阪「梅田リンガル」は現在使用中の歯科材料の在庫をできる限り少なくし、常に最新の材料を積極的に取り入れる体制を整えています。

裏側歯列矯正とマウスピース矯正の初診コンサルテーション

初診コンサルテーションのご予約はインターネット or フリーダイヤルで

フリーダイヤルでのお問い合わせの際は、診療時間内におかけください。

梅田リンガル

  • 住所
    大阪府大阪市北区曽根崎新地1-3-16京富ビル9F
  • アクセス
    JR大阪駅 徒歩5分|JR北新地/地下鉄西梅田駅 徒歩1分
  • 完全個室・CT・口腔内スキャナー完備、土日祝日診療

診療時間

平日
11:30-14:30, 16:00-20:30
土日祝
9:30-12:30, 14:00-18:30
月・木・第2日曜
休診