blog院長ブログ

前歯が大きい?前歯の平均的な大きさと前歯が大きく見える原因について

前歯が大きくて目立ってしまうという悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?もし本当に上の前歯だけが大き過ぎると、見た目の問題もありますが噛み合わせに影響することもあるので注意が必要です。しかしながら実際には前歯が極端に大きいということは少なく、歯の大きさ自体は平均的で、他の要因から歯が大きく見えてしまうといったことがほとんどです。そこで今回は前歯の平均的な大きさと、前歯が大きくみえる原因について書いてみたいと思います。

多くの矯正専門医院では、治療計画を立てる際に「模型分析」を行っています。模型分析とは患者さんの歯型から作った石膏模型を計測し、分析することです。計測するのは歯1本1本の大きさ、歯列弓(歯列の描く曲線)の長さと奥行きや幅、歯槽基底(歯茎が最も深くなっている部分)の奥行きと幅などです。これらを分析することで様々なことが分かります。例えば前歯が大きいかどうかということは平均値と比較することですぐに分かります。また1本1本の歯の幅全てを合計したものと歯列弓の長さを比較すれば歯を並べるために抜歯が必要かどうか判断できます。その他に歯の幅は上下のバランスも重要で、下の歯の幅に対し上の歯の幅が極端に大きい場合にはそのまま歯を綺麗に並べても噛み合わせることができません。歯を並べる前にこれらの問題点を知っておくことで、より適切な治療計画をたてることができるのです。

Beautiful and healthy woman smile, close-up

さてここで今回の本題である前歯の大きさについてですが、女性の中切歯(前から1番目の歯)の幅の平均は8.24mmです。ここから±0.41mmの大きさであれば平均的な大きさだと言えます。もし前歯が平均的な大きさであるにもかかわらず大きいと感じる場合には他になんらかの原因があるということになります。

歯が大きく見える原因の中で最も多いのが上の前歯が前方にあるという場合です。この中には①上あごの骨が大きい②下あごの骨が小さい③上下とも顎の骨が大きい④骨の大きさは正常で歯だけが前方にある、というような種々の状態があります。原因や年齢に応じて適切な治療が必要となります。

その他の原因には側切歯(前から2番目の歯)が小さいということがあります。側切歯は生まれつき小さかったり元々なかったりすることが多い歯で、小さい場合には隣にある中切歯(前から1番目の歯)が相対的に大きく見えてしまいます。側切歯が極端に小さいケースでは、上下の歯を綺麗に並べると受け口になる場合があるので必要に応じて矯正治療と合わせて側切歯を大きくする補綴治療が必要となります。

このように前歯が大きく見えるという状態にはいくつかの原因があり、その原因に応じた適切な処置が必要です。考えられる治療法には①中切歯を小さくする②側切歯を大きくする③下あごの成長を促す④上あごの前歯を後方に移動するなどがありますので自分にあった治療方法を歯科医師に相談してみましょう。

裏側歯列矯正とマウスピース矯正の初診コンサルテーション

初診コンサルテーションのご予約はインターネット or フリーダイヤルで

フリーダイヤルでのお問い合わせの際は、診療時間内におかけください。

梅田リンガル

  • 住所
    大阪府大阪市北区曽根崎新地1-3-16京富ビル9F
  • アクセス
    JR大阪駅 徒歩5分|JR北新地/地下鉄西梅田駅 徒歩1分
  • 完全個室・CT・口腔内スキャナー完備、土日祝日診療

診療時間

平日
11:30-14:30, 16:00-20:30
土日祝
9:30-12:30, 14:00-18:30
月・木・第2日曜
休診