お問い合わせ: 0120-185-688 | 診察時間:土・日(第2日曜は休診)9:30〜12:30、14:00〜18:30/火・水・金11:30〜14:30、16:00〜20:30

大阪「梅田リンガル」で利用しているセファロ分析ソフトの機能

大阪「梅田リンガル」では専用の分析ソフトを用いてセファロ分析を行なっています。矯正専門医院や大学病院の矯正科では一般的に「Win Ceph」か「Cephalometorics AtoZ」というソフトを使用して頭部X線規格写真の解析を行なっています。どちらも高機能なソフトですが大阪「梅田リンガル」ではMacに対応している「Cephalometorics AtoZ」を採用しています。
続きを読む

矯正専門医院ではセファロ分析を行なっています。

セファロ分析とは側方セファロX線規格写真から顎の骨の大きさや歯の角度などを計測することです。歯列矯正を行う際には見た目の歯並びだけで治療方法を決定することはできません。
続きを読む

矯正歯科で検査を行うことになった方必読?頭部X線規格写真とは

矯正歯科治療で診断を立てる際に重要な資料の中の一つにレントゲン写真があります。かつて矯正治療は見た目を改善するためだけに行われていましたのでレントゲン写真を必要としませんでした。それが時代とともに外見だけではなく口に関連する機能やさらには全身的な関わりまで考慮に入れるようになり、歯とその周囲の組織の関連を調べるためにレントゲン写真が必要となったのです。
続きを読む