blog院長ブログ

妊娠中またはこれから妊娠を考えられている方の矯正治療

すっかり寒くなってきましたね。本日から11月に入り、今年も残す所もう2ヶ月となりました。2015年のうちにということで今月の当院の映画はバックトゥーザフューチャー2となりました。あの映画での未来の設定は2015年だったのです。ちょっと未来すぎて改めて観てみるとおもしろいですよ。

さて今回のブログは現在ご妊娠されていたり、これから妊娠を考えられていたりする方の矯正歯科治療についてです。

大阪「梅田リンガル」は女性のための見えない矯正歯科医院ですので、妊娠中の方や、妊娠を考えられている方、そして治療中にご妊娠される方が多くいらっしゃいます。そこで気になるのがそういった場合矯正歯科治療が可能かということです。結論から言いますと、矯正歯科治療は可能ですが何点か配慮が必要だと考えています。まず精密検査ではレントゲン撮影を行いますが、歯科用のレントゲンは被曝量が少なくまた頭部のレントゲンですので危険性はありません。そうはいっても腹部にX線をなるべく当てないようにし過ぎることはありませんので、当院でのレントゲン撮影では、ちょっと重いですがお腹から背中まで大きく覆う防護服を着用していただきます。そして矯正用のインプラントを使用する必要がある場合には16週から27週の安定期に行うようにしています。これも使用する麻酔の量は極少量なので体に影響するようなものではありませんが少しでも安全に治療を行いたいという気持ちからそうしています。また臨月が近づいてきますとお腹が大きくなりますので診療用の椅子を水平まで倒すと体に負担がかかることもあります。このような場合は椅子の角度を45度付近で止めて治療させて頂くようにします。このように治療を進めていけば妊娠中でも問題なく矯正歯科治療を行うことができるのです。ただ大変なこともあるのは事実で、例えばお腹が大きくなってからの通院や里帰り出産などです。当院は駅から徒歩1分なので電車に乗ってしまえばある程度便利だとは思いますが、自宅が駅から離れている場合には臨月の何ヶ月か前から歯並びの現状を維持するためのワイヤーを入れておき、出産後に治療を再開することになります。また里帰り出産でも同様に、矯正装置が外れたり、ワイヤーがチクチクしたりといったことがないように里帰り中は歯並びを維持するためのシンプルな装置に交換しておき、大阪に戻ってこられてから治療を再開します。治療期間は多少伸びますが、出産前にある程度矯正歯科治療を進めておけば、ご出産後の通院はかなり楽になります。

当院では妊娠中の方の矯正治療を多数経験しておりますので、妊娠中の方やこれから妊娠を考えられている方で歯並びや口元が気になっているということがあれば大阪「梅田リンガル」に安心してご相談ください。1人1人のスケジュールに合った矯正治療をご提案します。

裏側歯列矯正とマウスピース矯正の初診コンサルテーション

初診コンサルテーションのご予約はインターネット or フリーダイヤルで

フリーダイヤルでのお問い合わせの際は、診療時間内におかけください。

梅田リンガル

  • 住所
    大阪府大阪市北区曽根崎新地1-3-16京富ビル9F
  • アクセス
    JR大阪駅 徒歩5分|JR北新地/地下鉄西梅田駅 徒歩1分
  • 完全個室・CT・口腔内スキャナー完備、土日祝日診療

診療時間

平日
11:30-14:30, 16:00-20:30
土日祝
9:30-12:30, 14:00-18:30
月・木・第2日曜
休診