blog院長ブログ

インビザライン治療で行うIPRについて

「IPR」とは「Interproximal Enamel Reduction」の略で、歯と歯の間を歯に影響がない範囲で削り、歯の横幅を調節する処置のことです。ディスキング、ストリッピング、スライシングと呼ばれることもあり、矯正歯科や小児歯科で一般的に行われています。
矯正歯科では上下の歯の大きさのバランスが悪い場合や、ブラックトライアングル(歯茎の高さや歯の形態に起因する歯と歯の間にできる隙間)が目立つ場合などに行い、小児歯科では歯の生え変わりの時期に乳歯をIPRにより小さくすることで、永久歯が生えるスペースを確保し、転移(本来とは違った場所に歯が生えること)を防ぐためなどに行います。


IPRでは専用の器具を使い、歯の表面の硬い組織(エナメル質)を削る量を精密にコントロールします。エナメル質の厚さは約1~2mmで、IPRで削るのは約0.2mm~0.5mmですので、エナメル質の厚みの3分の1以下となります。過去の研究結果からIPRが原因でむし歯になりやすくなるという報告はありません。反対にIPRされた歯面は再石灰化を引き起こし、むし歯に対して3倍も強くなるという報告もあります。

IPRは安全な治療法ですが、当院では歯を必要以上に削ることがないように細心の注意を払っています。したがって、IPRの際には削る量があらかじめ決まっている専用の器具を使用して行います。IPR後には角を丸めたり、表面を滑らかにしたりする研磨もしっかりと行なっています。処置の際に麻酔は必要ありませんし、歯の痛みはありませんのでご安心ください。

見えない歯列矯正とマウスピース矯正の初診コンサルテーション

初診コンサルテーションのご予約はインターネット or フリーダイヤルで

フリーダイヤルでのお問い合わせの際は、診療時間内におかけください。

大阪オルソ

  • 住所
    大阪府大阪市北区曽根崎新地1-3-16京富ビル9F
  • アクセス
    JR大阪駅 徒歩5分|JR北新地/地下鉄西梅田駅 徒歩1分
  • 完全個室・CT・口腔内スキャナー完備、土日祝日診療

診療時間

平日
11:30-14:30, 16:00-20:30
土日祝
9:30-12:30, 14:00-18:30
月・木・第2日曜
休診