cases治療例

下顎前突(受け口)の治療例

下顎前突を抜歯や骨切り手術なしで治療しました。

あやさん(27歳)

治療期間:1年10ヶ月

大阪オルソ 谷木俊夫

谷木院長による症例解説

治療方法
両側の下顎の大臼歯が前方位だっため、下顎の第二大臼歯の後方に歯科矯正用アンカースクリューを埋入し、下顎大臼歯の遠心移動を行いました。骨格性下顎前突症の治療は教科書的には手術で顎の骨を切って骨ごと後方に移動することになっていますが、入院期間や体の負担から社会人にとっては難しいことが少なくありません。骨格性の下顎前突が重度でなければインプラント矯正である程度受け口を改善することができます。

リスク
骨格性の問題を歯の移動で解決するため、後戻りのリスクが通常の矯正治療より高い可能性があります。保定装置の20時間以上の使用と定期的な噛み合わせの評価が必要となります。

その他のリスクについて

費用

治療費は総額で136万円(税別)でした。

裏側矯正とマウスピース矯正の初診コンサルテーション

初診コンサルテーションのご予約はインターネット or フリーダイヤルで

フリーダイヤルでのお問い合わせの際は、診療時間内におかけください。

医療法人梅田リンガル 矯正歯科医院 大阪オルソ

  • 住所
    大阪市北区曽根崎新地1-3-16京富ビル9F
  • アクセス
    JR大阪駅 徒歩5分|JR北新地/地下鉄西梅田駅 徒歩1分
  • 完全個室・CT・口腔内スキャナー完備、土日診療

診療時間

平日
11:30-14:30, 16:00-20:30
土日
9:30-12:30, 14:00-18:30
             
月・木・祝・第3日曜
休診