お問い合わせ: 0120-185-688 | 診察時間:土・日(第2日曜は休診)9:30〜12:30、14:00〜18:30/火・水・金11:30〜14:30、16:00〜20:30

大阪「梅田リンガル」の歯列矯正とホワイトニングの費用

梅田リンガルの治療費はトータルフィー制度ですので治療中に追加料金は一切かかりません。

毎回の処置料、装置が外れてしまった場合、お薬が必要になった場合、仮に治療期間が延びてしまった場合などの追加費用もかかりませんので、安心して治療に専念していただけます。

コンサルテーション・検査診断料金
初診コンサルテーション CT、写真、ご要望を元におおまかな治療方針を決定し、初診診断書を作成します。 3千円(+税)
精密検査、診断 詳しいレントゲン、写真撮影を行い、治療結果を予測した3Dシミュレーションを作成します。 5万円(+税)
矯正装置料金

予算やご希望に応じて最適な治療方法やお支払い方法をお選びいただけます。

〜全体矯正〜

ハーフリンガル 上の歯は裏側に、下の歯は表側に装置を付ける矯正治療 100万円〜120万円(+税)
リンガル 上下の歯の裏側に装置を付ける矯正治療 120万円〜160万円(+税)
インビザライン 透明なマウスピースを使用する矯正治療  80万円〜120万円(+税)
ハイブリッド矯正 インビザラインと部分裏側矯正を併用した矯正治療 100万円〜120万円(+税)

〜部分矯正〜

部分マウスピース矯正 アソアライナー・インビザラインi7/ lite 35〜65万円(+税)
部分ワイヤー矯正 様々な装置をオーダーメイドで組み合わせ 35〜65万円(+税)

※咬み合わせが著しく悪化することが予測される部分矯正はお断りさせて頂く場合がございます。

※上記の初期費用に調整料は含まれておりません。調整料は総額でのトータルフィー(定額制)をお勧めしています。

※上記の料金には公的医療保険は適用されません。

モニター募集中
インプラント矯正

矯正用インプラントを使った矯正治療に使用します。通常の矯正よりも短期間で治療でき(平均で半年間短縮)、難しい症例にも対応することができます。

1本5万円(+税)※最大4本まで

調整料

治療期間や通院回数にかかわらず一定料金です。通院の度に費用がかかることはありません。

全体矯正 10万円(+税)
部分矯正 5万円(+税)

調整とは→続きを見る

調整は月1回程度で、以下のことを行います。

①歯のクリーニング(約30分)

専用の器具で歯石や着色をお取りします。矯正中はご自分ではどうしても取れない汚れが歯に付きますので、歯科医院での定期的なクリーニングが必要です。
②ワイヤーの調整・交換と必要に応じて矯正装置の交換(約45分)

初期の段階ではワイヤーを徐々に太くしていき歯をコントロールしていきます。治療の中盤以降に歯列の隙間を閉じたり、細かな段差を整えたりする段階ではオーダーメイドのワイヤーを曲げて調節していきます。また場合によっては矯正装置の交換や追加を行うこともあります。
③口腔内写真、口元の撮影と治療説明(約10分)

毎回写真撮影を行い、その日の処置についてご説明させていただきます。前回との比較写真で一ヶ月間の歯の動き、口元の形態の変化をお見せします。

※大阪「梅田リンガル」では毎回お口の中を撮影します。前回と当日の写真を比較することにより治療結果が一目で分かります。そして写真を撮ることにより、患者さまごとの歯の動き易さや傾向を把握することができ、それに応じた適切な調整ができるので結果的に治療期間を短縮することもできます。女性のための見えない矯正専門医院「梅田リンガル」では毎回写真をお撮りすることで一回一回の治療を大切にしています。全ては患者さまと一緒に最高の仕上がりを目指すためです。

お支払い方法

様々なお支払方法をご用意しております。

現金 分割は2回までで、銀行振込手数料は当院が負担します。また各種カードのお取り扱いがございます。 1回目はご契約から1週間以内、2回目は治療開始から1年以内(部分矯正は半年以内)となります。
銀行振込
クレジットカード
デンタルローン オリコデンタルクレジット、デントキュア、スルガ銀行 分割が84回までで通常のカードローンやリボ払いより手数料の低い歯科専用ローンです。
デンタルローンシミュレーション

歯科矯正治療の料金体系について→続きを見る

歯科矯正治療のお支払い方法には大きく2つの方式があります。最初に全ての費用が含まれた料金を支払うトータルフィー方式(定額制)と、初期費用とは別に通院ごとに調整料がかかる方式です。当院ではトータルフィー(定額制)を採用しています。

  • トータルフィー(定額制)

トータルフィー方式のお支払いは治療費が定額で追加料金がかからないため、患者さまは支払い計画が立てやすいというメリットがあります。しかしながら治療が早く終わったとしても、その分の差額が戻ってくるわけではありませんので治療が早く終わる方と遅く終わる方が同一料金では不平等な場合があります。当院では精密検査結果から予測される治療期間に応じて適切な料金をご提示させていただきます。また、仕上がりにこだわって細かい調整を希望される患者様と治療費が定額なのでできるだけ早く治療を終わらせたい医院側とで、最後の仕上げの段階でトラブルとなる可能性もあります。当院では、診断時だけではなく、治療途中も患者さまのご希望を伺いながら納得頂くまで治療させていただいております。

  • 通院ごとに調整料がかかる方式

毎回技術料、材料費を頂戴することで初期にかかる費用を軽減することができる場合があります。歯の動きが早ければ治療費を低く抑えられますが、歯の動きは個人差が大きく、最終的な費用の予測が難しいのが現状です。

大阪「梅田リンガル」では患者さまになるべくご負担の少ないお支払い方法をお勧めしておりますのでお気軽にご相談ください。

ホワイトニング

クリスタルホワイトニング(オフィスホワイトニング )3万円

ホワイトニング薬剤の効果を高めるため、歯を傷めない専用のペーストにて歯の表面についた汚れを取り除きます。そのあと知覚過敏の起きにくい低濃度の薬剤を塗布し12分間、薬剤の効果を高めるための特殊な光を当てます。この操作を3回繰り返すことにより、歯を傷めず高いホワイトニング効果を得られることができます。時間はかかりますが、歯を傷めないこと、またお痛みを出さないことにこだわりこの方法を選択させていただいています。薬剤は純国産で高品質なものを使用しています。

トゥルーホワイトニング(ホームホワイトニング) 1万5000円
専用のトレーをお作りし、低濃度のホワイトニング薬剤を2週間分お渡しします。毎日2時間ずつご使用いただくことにより、歯の表面だけではなく、歯の内部まで白くしていきます。

※ オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの両方を行う場合はセット価格の4万円です。
※ また、歯列矯正始めていただいた方には、体験ホームホワイトニング(1週間分)チケットを差し上げます。

モニター募集中
矯正治療は医療費控除の対象となります

医療費控除とは

自分や生計を共にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合には、所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。医療費控除を受けることができると※所得税が減税されます。所得税は収入額が多いほど税率が高くりますので、所得控除があると収入が少なく計算されますので所得税率が下り、支払うべき税金が少なくなります。医療費控除額の5%~15%くらいが一般的だと言われています。その場合矯正治療費が120万円かかったとすると、6〜18万円が返ってくることとなります。

※所得税の算出方法(収入金額−所得控除額)×収入に応じた所得税率−税額控除額(住宅ローン控除など)

医療費控除の対象

①発育段階にある子供の成長を阻害しないようにするために行う不正咬合の歯列矯正や、歯列矯正を受ける人の年齢や矯正の目的などからみて歯列矯正が必要と認められる場合の費用は、医療費控除の対象になります。

②治療のための通院費も医療費控除の対象になります。通院費は、診察券などで通院した日を確認できるようにしておくとともに金額も記録しておくようにしてください。通院費として認められるのは、交通機関などを利用したときの人的役務の提供の対価ですから、自家用車で通院したときのガソリン代や駐車場代等といったものは、医療費控除の対象になりません。

医療費控除の算出方法

支払った医療費-10万円or所得金額の5%(低い金額の方)=医療費控除額

初診コンサルテーション予約

インターネット予約

フリーダイヤルでのお問い合わせやご予約も承っております。診療時間内におかけください。