invisalignインビザライン(マウスピース型装置)とは

マウスピース矯正

マウスピース矯正は従来のワイヤー矯正とは異なり、特有の知識と経験を必要とする治療です。
中でもインビザライン はクリンチェック(シミュレーションソフト)による治療計画の違いで結果が大きく異なります。
三年連続プラチナプロバイダー(年間症例数50症例以上)の経験を元に再現性の高いシミュレーションを作成しています。

光学スキャナ(i-Tero)とは

従来のシリコン印象材(粘土状のゴム様材料)での歯型は息苦しさがあり、患者様には大変な負担をかけてしまっていました。光学スキャナを使っての歯型採り(スキャニング)はペン型のカメラで口の中を撮影するだけなので比較的簡単に歯型を採ることができます。
また精度に関しても従来の歯型は歯と歯の間の材料がちぎれてしまったり、口腔内から撤去する際の力で変形してしまったりすることがありましたが、スキャナではこれらの問題がないためより精密に歯型を採ることができます。スキャンデータから作られる装置は歯にぴったりと合うため、歯を従来より正確にコントロールすることができるようになりました。

iTero-

クリンチェックとは

クリンチェックはマウスピース型矯正装置インビザライン(薬機法対象外)のシミュレーションソフトの名称です。当院では毎回シミュレーションと実際の歯の動きにずれがないかを確認し、ずれが生じている場合には無理に治療を進めず、再スキャンを行い新しい装置を作成します。

クリンチェック
クリンチェック

アウトカムシミュレーションとは

アウトカムシミュレーションとは治療後の歯並びをその場で作成する簡易シミュレーションのことです。ご相談時にすぐ治療後の歯並びをご覧いただくことができるので、口頭での治療説明に比べ矯正治療をわかりやすく説明することができるようになりました。

アウトカムシミュレーション
3Dシミュレーション

医療広告のガイドラインを遵守するためシミュレーション画像は加工処理されています。

マウスピース矯正の歴史

弾性素材を利用したマウスピース型の矯正装置は1900年代後半から様々なものが開発されてきました。
従来マウスピース矯正装置の製作方法は、模型上で歯を少しずつ移動し、その模型に弾性素材を圧接して制作していました。1997年米国アラインテクノロジー社は3D画像化技術と光造形技術を融合させ、マウスピース矯正をデジタルデータから制作することに成功しました。現在マウスピース矯正装置インビザライン(薬機法対象外)はコンピュータで3Dシミュレーションを作成し、そのシミュレーションを元に光造形で製作しています。
その後マウスピースの材料やアタッチメントの形状など様々な改良が加えられ、2018年12月の段階で500万人以上もの方がインビザラインで矯正治療を受けています。

インビザライン(薬機法対象外)の特徴

インビザラインと他のマウスピース矯正装置との違いは上記のように独自の3Dシミュレーションと光造形技術の組み合わせということもありますが、治療上での大きな違いは、1回の歯型採りで治療終了までの全てのマウスピースを製作することができるということとアタッチメントと呼ばれる歯に付ける白い突起物の存在です。
1回の歯型採りで全ての装置が製作されということはすなわち通院回数が少なく、またアタッチメントの利用により歯を正確にそして複雑に移動することができるので、インビザラインは他のマウスピース矯正装置では対応できないようなより難度の高い治療に対応することができます。

マウスピース矯正のデメリットについてはこちら

インビザライン イメージ

来院回数

1回の歯型採りで治療終了までの全ての装置が製作できるので、他の矯正装置での治療に比べ来院回数が少なくて治療できるケースがあります。

適応症例

アタッチメントと呼ばれる歯に付ける白い突起物により正確に、そして複雑に歯をコントロールすることができるので、他のマウスピース型装置に多くの症例を治療することができます。

費用

治療を安全に快適に受けて頂くためには、滅菌(感染予防対策)や医療機器などの設備が重要です。当院ではよりよい治療をご提供するために適切な費用をご提示させていただいています。

ポイント

マウスピース矯正は装置を付けなければ歯が動きませんので、なるべく長時間装置をお使い頂くことをお勧めしています。

faqよくある質問

  • マウスピース矯正装置は1日何時間くらい使用すればいいですか?
    マウスピース矯正装置は1日20時間以上のご使用を推奨しています。できれば食事と歯磨き以外全ての時間装着してください。
  • マウスピースを付けるだけで歯は動きますか?また仕上がりはどうですか?
    マウスピースと歯との間にずれを作ることで歯が動きます。材料や歯の移動法の進歩により、適切に使用すれば仕上がりも良好です。
  • 治療期間はどのくらいかかりますか?
    ワイヤー矯正に比べて治療期間は長い傾向にあります。ただし補助的な装置の併用で治療期間を大幅に短縮できる場合もあります。
  • 費用はどのくらいかかりますか?
    マウスピース型矯正装置インビザライン(薬機法対象外)は裏側矯正を除く他の矯正治療に比べ費用がかかる傾向にあります。当院では80万円から100万円(税抜)です。
  • マウスピース型矯正装置の装着中に飲食はできますか?
    頻繁に外すと治療が遅れるため、柔らかい食べ物や糖分を含まない飲み物は付けたままでも大丈夫です。その後はしっかり歯磨きをお願いします。
  • マウスピース型矯正装置は使用を続けても透明なままですか?
    次第に黄ばみがでてきます。2週間以内に新しい装置に交換して頂きますし、専用の洗浄剤がございますのでご安心ください。
  • マウスピース型矯正装置は厚みが0.5mmと聞きましたが違和感はないですか?
    ワイヤー矯正装置に比べると違和感はかなり小さいです。もし多少違和感があったとしても次第に慣れてきます。
  • どうしても装置を外したい日程があるのですが治療に影響はありませんか?
    記念日などの大切な日には装置を外していただいても結構です。その後はなるべく長い時間ご使用をお願いします。
  • 薬機法対象外とはどういう意味でしょうか?
    海外製カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は、日本国薬事法上の医療機器として認証・承認を得ていない装置で、また日本国歯科技工士法上の矯正装置に該当しない装置です。この装置以外の、日本国で承認を得ている医療機器や矯正装置を用いる治療法があります。

このような方に特におすすめ

金属アレルギーをお持ちで、ワイヤー矯正での治療が難しい方

お住まいがご遠方、またはお仕事が忙しく月1回の通院が難しい方

歯並びの治療と同時に歯のホワイトニングをしたいという方

見えない矯正をしたいが、裏側矯正は滑舌が気になるという方

以前矯正治療をしたことがあり、歯並びが戻ってしまった方

矯正治療の途中に試験や面接、ご結婚やご出産の可能性がある方

裏側・マウスピース歯列矯正の初診コンサルテーション

初診コンサルテーションのご予約はWeb or フリーダイヤルで

フリーダイヤルでのお問い合わせの際は、診療時間内におかけください。

医療法人梅田リンガル 矯正歯科医院 大阪オルソ

  • 住所
    大阪市北区曽根崎新地1-3-16京富ビル9F
  • アクセス
    JR大阪駅 徒歩5分|JR北新地/地下鉄西梅田駅 徒歩1分
  • 完全個室・CT・口腔内スキャナー完備、土日診療

診療時間

平日
11:30-14:30, 16:00-20:30
土日
9:30-12:30, 14:00-18:30
月・木・祝・第3日曜
休診