profileスタッフ紹介

profileスタッフ紹介

ドクター3名、歯科衛生士2名、スマイルクリエーター2名で診療を行なっています。
スタッフ全員が歯並びの治療を受けた経験があるので、治療中に不安なことがありましたら何でもお尋ねください。

また当院スタッフは模型実習、スタッフ同士の治療、社外研修など医院規定の研修を終了していますので安心して治療をお任せください。

院長 谷木俊夫

院長

谷木俊夫

TOSHIO TANIKI

  • 2007年 鹿児島大学歯学部卒業
  • 2007年 岡山大学歯学部卒後臨床研修センター
  • 2008年 昭和大学歯学部矯正科
  • 2010年 都内裏側矯正専門歯科医院 勤務
  • 2011年 同院 理事就任
  • 2015年 梅田リンガル開設 院長就任
  • 2017年    インビザラインプラチナプロバイダー2年連続受賞
  • 2018年    医療法人梅田リンガル 大阪オルソ 理事長就任 ヨーロッパ舌側矯正歯科学会認定医取得
副院長

副院長

谷木あゆみ

AYUMI TANIKI

  • 2006年 長崎大学歯学部卒業
  • 2006年 岡山大学歯学部卒後臨床研修センター
  • 2007年 岡山大学歯学部小児歯科
  • 2008~2014年 都内歯科医院勤務
  • 2015年  梅田リンガル 副院長就任
  • 2018年  医療法人梅田リンガル 大阪オルソ 理事就任
プラチナプロバイダー
ESLO認定証

所属学会・認定・受賞歴

  • 日本矯正歯科学会
  • ヨーロッパ舌側矯正歯科学会
  • 日本成人矯正歯科学会
  • 東京矯正歯科学会
  • 近畿東海矯正歯科学会
  • 日本舌側矯正学会
  • ヨーロッパ舌側矯正歯科学会認定医
  • ハーモニーシステム認定ドクター
  • インビザライン認定ドクター
  • インビザライン プラチナプロバイダー3年連続受賞
クローズアップドクター・谷木俊夫先生
ドクターズ・ファイル

院長が2社よりインタビューを受けました。

学会発表

2014年10月20日 千葉 第73回日本矯正歯科学会

・口蓋用アンカースクリューを用いた上顎大臼歯の遠心移動についての検討
Examination about distal movement of a maxillary molar using the anchor screw for the palates

・口蓋用アンカースクリューを用いた上顎大臼歯の遠心移動についての検討
Examination about distal movement of a maxillary molar using the anchor screw for the palates

・口蓋用アンカースクリューを埋入した患者の口腔衛生指導につて
About the oral hygiene instruction of the anchor screw for the palates

・口蓋用アンカースクリューとⅢ級ゴムの併用による下顎大臼歯の遠心移動について
Distal movement of lower molars with combining palatal anchor screw and class Ⅲ elastics

院長プロフィール

1978年、徳島県生まれ。中学1年までを徳島市で過ごし、その後1年間は外科医の父親の留学に伴い、アメリカのインディアナポリス(映画「未知との遭遇」や自動車レースのインディー500の舞台)に留学。

小学6年生より約4年間、徳島大学病院にて歯並びの治療を経験。自らの咬み合わせや出っ歯が改善された体験や、アメリカ在住時、ほとんどの同級生が歯並びの治療を受けていたことから歯列矯正に興味を抱く。

国立鹿児島大学歯学部を卒業後、国立岡山大学で1年間研修医時代を過ごし、歯列矯正を学ぶため東京の昭和大学大学院歯学部矯正科に入局。
昭和大学病院では当時まだ普及していなかったウスピース型矯正装置(インビザライン ・薬機法対象外)を取り入れた先進的な治療を行なっており、また当時出席した学会にてアンカースクリューを用いた治療(インプラント矯正)や歯の裏側から歯並びの治療をする裏側歯列矯正を知り、アンカースクリューを用いた目立たない装置による歯並びの治療の将来性を感じる。

当時大学病院ではほとんど学ぶ事ができなかったアンカースクリューを併用した目立たない装置を用いた歯並びの治療の経験を積むため、それらの治療を専門的に行なっていた東京表参道の医院に勤務。

2011年4月~2015年4月までの5年間で多数の治療をに携わり、技術を磨く。アンカースクリューについては開発段階から患者様に同意を頂き積極的に使用。(舌側からのアンカースクリューを用いた治療実績は同世代の中で国内トップクラス)

これまでに身に付けた技術や知識を関西の中心地である大阪梅田から発信するため、「梅田リンガル」を開設

2016年よりマウスピース型矯正装置(インビザライン・薬機法対象外)をより快適に受けていただくために口腔内スキャナをいち早く導入。

2018年患者様の増加による規模拡大のため医療法人梅田リンガル「大阪オルソ」を開院および理事長就任

歯科医の妻、一男、一女の4人家族。

裏側・マウスピース歯列矯正の初診コンサルテーション

初診コンサルテーションのご予約はWeb or フリーダイヤルで

フリーダイヤルでのお問い合わせの際は、診療時間内におかけください。

医療法人梅田リンガル 矯正歯科医院 大阪オルソ

  • 住所
    大阪市北区曽根崎新地1-3-16京富ビル9F
  • アクセス
    JR大阪駅 徒歩5分|JR北新地/地下鉄西梅田駅 徒歩1分
  • 完全個室・CT・口腔内スキャナー完備、土日診療

診療時間

平日
11:30-14:30, 16:00-20:30
土日
9:30-12:30, 14:00-18:30
月・木・祝・第3日曜
休診