お問い合わせ: 0120-185-688 | 診察時間:土・日(第2日曜は休診)9:30〜12:30、14:00〜18:30/火・水・金11:30〜14:30、16:00〜20:30

大阪「梅田リンガル」の歯列矯正の期間

全顎矯正

上記は、院長の谷木が近年治療した全体矯正100症例を対象にしたデータです。約85%の方が治療期間2年前後です。

2年前後と聞いて、長いと感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、ほとんどのケースで前歯の重なりや歯と歯の隙間は初期の段階(約半年間)で改善されます。残りの期間は奥歯の咬み合わせや細かい段差の調整、歯の根の向きを平行にする治療となります。歯は何十年も使っていきますので、単純な歯並びだけではなく、咬み合わせ、口元の印象、治療後の安定性など仕上がりの良さを追求した結果であり、最終的に患者さまにはご満足いただいております

治療期間の変動要素として上げられるのは、大きく以下の4つです。

1. 年齢
2. 歯の重なりの大きさ
3. 抜歯の有無
4. 協力度

  1. 20代、30代の方であれば、代謝が良く歯の動きが良いため、治療が早く終わる傾向があります。ただし40代、50代、60代の方で治療期間が短かった例もあり個人差は大きいです。
  2. 歯の重なりが小さく、歯と歯の段差が少ない場合には歯の移動量が小さいので治療期間は短いです。また歯の重なり(ガタガタ)が大きいケースで抜歯を行えば、抜歯した隙間に重なった歯が並びますので、抜歯が効果的に働き、治療が早く終わる傾向にあります。
  3. 抜歯を行って口元を大きく下げる必要がある場合には治療期間が長くなる傾向にあります。
  4. 患者様にお願いするゴムかけの使用時間により治療期間が変わってくることがあります。

例外として大きな歯の重なりを抜歯をしないで改善するケースや下あごの骨が左右にずれているケース、治療の途中で歯と骨が癒着して歯が動かなくなるケースでは治療期間が長くなる傾向にあり、また矯正用インプンラントで治療期間を約半年間短縮できるケースもあります。

部分矯正

気になる箇所だけ治療する部分矯正では症状にもよりますが3ヶ月から半年間で治療が終了します。予算や期間をなるべく抑えたいという方に喜んでいただいております。


大阪「梅田リンガル」では、歯科用コーンビームCTと3Dシミュレーション(歯をコンピューター上で綺麗に並べ咬み合わせを確認します)をお作りします。例えば部分矯正と抜歯と非抜歯で3パターンのシミュレーションをご覧いただき、最適な治療計画やおおよその治療期間を最初の段階でご説明することができます。その上で治療を進めるかどうかご判断いただけます。

治療期間が気になる方はお気軽にご相談ください。

初診コンサルテーション予約

インターネット予約

フリーダイヤルでのお問い合わせやご予約も承っております。診療時間内におかけください。