variety裏側矯正装置について

Lingual Orthoデジタル裏側矯正歯科治療

大阪オルソではヨーロッパ舌側矯正歯科学会認定医がデジタル機器を用いて診断および矯正装置の制作を行なっています。
デジタル技術により従来のアナログでの診断および装置の制作に比べより正確で精密に治療を行うことができます。

デジタル裏側矯正とは

デジタル機器の導入により正確な診断と精密な装置の制作を行なっています。続きを読む

従来の矯正治療では粘土のような材料で歯型を採り、歯並びの石膏模型を作り、それを糸鋸で1歯1歯分割して並べることにより、診断や矯正器具の制作を行なっていました。そのため材料の膨張収縮や、変形、また糸鋸で分割することによる歯の形状の変化があり、診断や装置の制作の精度には限界がありました。
デジタル矯正により、これらの問題を解決できるようになりました。


デジタルシミュレーションによる診断

精密にスキャンした歯のデータを元に治療後の歯並びを再現することができるようになりました。

 

3Dプリンタによる装置の制作

精密にスキャンした歯のデータを3Dプリンタにて出力できるようになりました。

大阪オルソではこれらのデジタル技術を用いて裏側矯正装置を制作しています。

上下共に裏側からの矯正歯科治療

上下裏側歯列矯正
上下裏側矯正

装置が見えないため、大人になってからの矯正歯科治療に最適です。続きを読む

裏側歯列矯正とは歯の裏側に装置をつけて行う矯正歯科治療法です。
お口を大きく開けない限りは装置が見えることはありません。
裏側矯正は表側矯正に比べ治療が難しいと言われていますが、当院は専門的に行なっているため
表側矯正と治療期間や仕上がりに差はありません。裏側矯正の長所と短所をご紹介します。


裏側矯正の長所

①装置が見えないので治療中人目を気にする必要がありません。

②表側の矯正に比べ虫歯ができにくいと言われています。

③表側の矯正に比べ前歯を後方に下げることが得意です。

④表側に装置がつかないので唇が傷ついたり口元が出たりすることがありません。

裏側矯正の短所

①慣れるまでは舌の違和感があります。

②矯正装置がオーダーメイドとなるので治療費が比較的高価です。

上が裏側で下が表側からの矯正歯科治療

ハーフリンガル

見た目がある程度良く、違和感もある程度少ない治療法です。続きを読む

上裏下表歯列矯正(ハーフリンガル)は上の歯には裏側矯正装置を、下の歯は表側矯正装置を装着します。
ハーフリンガルの長所と短所をご紹介します。

ハーフリンガルの長所

①装置が目立たちません。

②上下とも裏側矯正治療に比べてコストを抑えることができます。

③上下とも裏側矯正治療にくらべて舌の違和感が少ないです。

ハーフリンガルの短所

①下の装置が見えることがあります。

②装置の厚み分下唇が前方に出ることがあります。

ハーフリンガルについてもっと詳しくblog

矯正装置の種類を交換可能
見えない矯正歯科医院「大阪オルソ」では治療開始後に表側から裏側へ装置を付け替えることが可能です。
表側装置の材料費や撤去費用はいただいておりません。

リンガルとハーフリンガルの見た目の違い実例

唇の厚みや動きによって装置の見え方が変わります。続きを読む

上下とも裏側からの治療は普通にお話ししている程度の唇の動きであれば矯正器具が見えることはほとんどありません。
上が裏で下が表の場合でも人によってはほとんど矯正器具が見えない場合もあります。

裏側矯正とマウスピース矯正の初診コンサルテーション

初診コンサルテーションのご予約はインターネット or フリーダイヤルで

フリーダイヤルでのお問い合わせの際は、診療時間内におかけください。

医療法人梅田リンガル 矯正歯科医院 大阪オルソ

  • 住所
    大阪市北区曽根崎新地1-3-16京富ビル9F
  • アクセス
    JR大阪駅 徒歩5分|JR北新地/地下鉄西梅田駅 徒歩1分
  • 完全個室・CT・口腔内スキャナー完備、土日診療

診療時間

平日
11:30-14:30, 16:00-20:30
土日
9:30-12:30, 14:00-18:30
             
月・木・祝・第3日曜
休診