variety大阪オルソの矯正装置

invisalign and Lingual Ortho見えない矯正歯科医院「大阪オルソ」の矯正歯科治療について

「大阪オルソ」は矯正歯科治療中の見た目が気になる患者様のために、目立たない矯正装置のみで治療を行なっています。
装置が見えない矯正歯科治療は一般的に難易度が高いと言われています。
当院ではあえて表側からの矯正治療を行わないことで、スタッフ一同裏側矯正とマウスピース矯正の技術を向上しています。

当院が専門的に用いている裏側矯正とマウスピース矯正の特徴について解説します。

上下共に裏側からの矯正歯科治療

上下裏側歯列矯正
上下裏側矯正

装置が見えないため、大人になってからの矯正歯科治療に最適です。Click

裏側歯列矯正とは歯の裏側に装置をつけて行う矯正歯科治療法です。
お口を大きく開けない限りは装置が見えることはありません。
裏側矯正は表側矯正に比べ治療が難しいと言われていますが、当院は専門的に行なっているため
表側矯正と治療期間や仕上がりに差はありません。裏側矯正の長所と短所をご紹介します。


裏側矯正の長所

①装置が見えないので治療中人目を気にする必要がありません。

②表側の矯正に比べ虫歯ができにくいと言われています。

③表側の矯正に比べ前歯を後方に下げることが得意です。

④表側に装置がつかないので唇が傷ついたり口元が出たりすることがありません。

裏側矯正の短所

①慣れるまでは舌の違和感があります。

②矯正装置がオーダーメイドとなるので治療費が比較的高価です。

上が裏側で下が表側からの矯正歯科治療

ハーフリンガル

見た目がある程度良く、違和感もある程度少ない治療法です。Click

上裏下表歯列矯正(ハーフリンガル)は上の歯だけに裏側矯正装置を装着し、下の歯は表側からの歯列矯正で治療をします。
上下裏側歯列矯正に比べて、治療中の見た目は若干劣るものの、舌の違和感を和らげることができます
ハーフリンガルの長所と短所をご紹介します。

ハーフリンガルの長所

①装置が目立たちません。

②上下とも裏側矯正治療に比べてコストを抑えることができます。

③上下とも裏側矯正治療にくらべて舌の違和感が少ないです。

ハーフリンガルの短所

①下あごの装置が見えることがあります。

②治療中は装置の厚み分唇が前方に出ることがあります。

ハーフリンガルblog

矯正装置の種類を交換可能
見えない矯正歯科医院「大阪オルソ」では状況に応じて表と裏の装置を付け替えることが可能です。
上下裏側歯列矯正に変更をご希望される場合は、装置の差額分だけで下の装置を裏側に付け替えさせていただきます。
下あごの表側装置の材料費や撤去費用はいただいておりません。

マウスピース歯列矯正

インビザライン
インビザライン

口腔内スキャナの導入により適用症例が増えています。Click

マウスピース矯正は定期的にマウスピースを交換することで歯を移動していきます。
当院で取り扱っているマウスピース矯正装置はアソアライナーとインビザライン です。
マウスピース矯正の長所と短所および2種のマウスピース矯正装置について解説します。


マウスピース矯正の長所

①装置が見えないので治療中人目を気にする必要がありません。

②取り外しができるので歯磨きが簡単です。

③矯正装置による違和感がほぼありません。

マウスピース矯正の短所

①装置を1日20時間使用する必要があります。

②歯の表側に白い突起をつける必要があります。

インビザラインとは

厚さ0.75mmの透明なマウスピースを装着することにより歯を動かします。コンピュータシミュレーションで作成した治療計画を元に1つのマウスピースにつき約1週間で0.25mmずつ歯を動かします。
装置がほぼ無色透明のため治療中の見た目が良く、取り外しができるので歯磨きが簡単で、違和感も少ないのが特徴です
インビザラインが他の様々なマウスピース矯正と異なる点は、歯型取りの回数が圧倒的に少なくてすむという点と、アタッチメントと呼ばれる歯に付ける突起物により歯を効果的に移動できるという点です。

クリアアライナー(アソアライナー)とは

厚さ0.5mmから0.8mmで無色透明の目立たない装置です。主に目標とする歯の移動量が1mm程度の場合に使用するマウスピース型矯正装置です。
日本の技工所で製作するためマウスピースが約10日で制作できることや費用を抑えられるという点で優れています。
これらの特徴から、アソアライナーは矯正治療後のちょっとした後戻りを改善や部分的な歯のズレを治療するのに適しています。

ハイブリッド矯正とは

※ご希望に応じてマウスピース矯正と裏側部分矯正を組み合わたハイブリッド矯正も行なっています。大きな歯の重なりを裏側部分矯正で短期間で整え、その後インビザラインに切り替えることで治療期間を大幅に短縮しています。インビザラインで時間がかかる歯の動きは裏側部分矯正でスピーディーに動かします。
ハイブリッド矯正blog

※矯正用インプラント(歯科矯正用アンカースクリュー)を併用することでさらなる治療期間の短縮やマウスピース矯正の適用範囲の拡大を行っています。
マウスピース矯正×インプラント矯正blog

上下共に表側の矯正装置は使用していません

上下表側歯列矯正
表側矯正

「大阪オルソ」では取り扱いがありません。(解説のみ)Click

表側歯列矯正は最も歴史がある治療方法で広く普及しています。上下表側からの歯列矯正を行っている医院は多数あるため医院選びの選択肢が豊富です。
適用範囲が広く、顎変形症や口唇口蓋裂の患者様には保険適用となります。
ただし装置が見えてしまうことや、装置の厚みの口元が前方に出てしまうということやお仕事によっては表側からの矯正歯科治療が禁止されている場合もあり、
大人になってからの歯列矯正には適さないのが現状です。

見えない矯正歯科医院「大阪オルソ」では、上下共に表側からの歯列矯正を行っていません。
目立たない矯正歯科治療に特化することで、見えない・目立たない治療をご希望される患者様によりよいサービスをご提供するためです。

見えない歯列矯正とマウスピース矯正の初診コンサルテーション

初診コンサルテーションのご予約はインターネット or フリーダイヤルで

フリーダイヤルでのお問い合わせの際は、診療時間内におかけください。

大阪オルソ

  • 住所
    大阪市北区曽根崎新地1-3-16京富ビル9F
  • アクセス
    JR大阪駅 徒歩5分|JR北新地/地下鉄西梅田駅 徒歩1分
  • 完全個室・CT・口腔内スキャナー完備、土日診療

診療時間

平日
11:30-14:30, 16:00-20:30
土日
9:30-12:30, 14:00-18:30
             
月・木・祝・第3日曜
休診