お問い合わせ: 0120-185-688 | 診察時間:土・日(第2日曜は休診)9:30〜12:30、14:00〜18:30/火・水・金11:30〜14:30、16:00〜20:30

大阪「梅田リンガル」の裏側矯正×マウスピース矯正(インビザライン)

大阪「梅田リンガル」は装置の見た目が気になる患者様のために、目立たない矯正歯科治療にこだわっています。装置が見えにくい裏側矯正とマウスピース矯正のみに特化することで見た目と咬み合わせを両立した質の高い治療を短期間で、また適正価格でご提供します。

上下共に裏側からの矯正歯科治療

上下裏側歯列矯正
上下裏側矯正

▶ 装置が見えないため、大人になってからの矯正歯科治療に最適です。

裏側歯列矯正とは歯の裏側に装置をつけて行う矯正歯科治療法です。
お口を大きく開けない限りは装置が見えることはありません。裏側歯列矯正は見た目を気にすることなく治療ができるため、大人になってからの矯正歯科治療に適しています。特に対人のお仕事をされている女性(看護師、キャビンアテンダント、モデル、接客業の方など)、またご結婚や就職活動を控えた方にもお勧めできます。

大阪「梅田リンガル」は目立たない矯正歯科治療を専門的に行うクリニックですので、全ての患者様に見えない歯列矯正をご提案します。治療が難しいといった理由から表側からの矯正歯科治療をお勧めすることはありません。


裏側矯正の長所

①装置が見えないので治療中人目を気にする必要がありません。

②表側の矯正に比べ虫歯ができにくいと言われています。

③表側の矯正に比べ前歯を後方に下げることが得意です。

④表側に装置がつかないので唇が傷ついたり口元が出たりすることがありません。

裏側矯正の短所

①慣れるまでは舌の違和感があります。

②矯正装置が全て患者様1人1人オーダーメイドとなるので治療費が割り高になってしまいます。

※大阪「梅田リンガル」では小型の装置と最先端の矯正用インプラントを使用することや、装置の設計を工夫することで、患者さまの違和感を最小限にしています。また診療科目と材料の絞り込みによる合理化により、治療の質を落とすことなく適正価格で患者さまのご負担をできる限り少なくするように努めています。


大阪「梅田リンガル」ならではの裏側矯正

  • 大阪「梅田リンガル」は豊富な裏側治療実績に基づく知識と技術で、歯並びだけでなくEライン(理想的な口元の形態)も考慮に入れた治療をご提供します。
  • 大阪「梅田リンガル」ではブライダル矯正を行っています。結婚式や就職面接の日程が決まっている場合にはまず見える部分(主に前歯)を短期間で整え、その後咬み合わせを整えます。裏側矯正では治療が全て終了していなくても、結婚式や就職面接でギラギラとした装置が目立つことはありません。前歯の歯並びの改善を優先的に行えば、大切な日までに口元の印象はある程度改善されます。ブライダル矯正とは
  • 大阪「梅田リンガル」ではインプラントアンカーを使用するスピード矯正を行っています。インプラントアンカー(正式名称:歯科矯正用アンカースクリュー)を使用するインプラント歯列矯正で治療期間を平均で約半年間短縮することができます。

※インプラント歯列矯正とは顎の骨に固定源となる矯正用インプラント(小さいネジ)を入れ、それを起点にして歯を動かしていく治療法です。奥歯を起点にして前歯を引っ張る従来の歯列矯正の方法に比べ、矯正用インプラントを用いることで歯の動きを正確にコントロールできるため、治療期間を短縮すると同時に、より質の高い矯正治療をご提供することが可能です。

インプラント矯正の利点①

インプラント矯正の利点②

上が裏側で下が表側からの矯正歯科治療

ハーフリンガル

▶ 見た目がある程度良く、違和感もある程度少ない治療法です。

上裏下表歯列矯正(ハーフリンガル)は笑った時やお話中などに目立つ上の歯だけを裏側からの歯列矯正とし、半分が唇で隠れてしまう下の歯は表側からの歯列矯正で治療をします。上下裏側歯列矯正に比べて、治療中の見た目は若干劣るものの、舌の違和感を和らげることができます。また裏側の装置は1人1人の患者さまに合わせ、オーダーメイドで製作されますが、表側はその必要がありませんので、治療費を抑えることも可能です。大阪「梅田リンガル」では下の表側の装置には白い陶器製のものを使用し、なるべく表側の装置が目立たないように工夫しています。ワイヤーや歯の隙間を広げるためのバネもなるべく目立つことのないよう、白いコーティングが施されたものをご用意しています。

ハーフリンガルについて

また、大阪「梅田リンガル」では状況に応じて表と裏の装置を付け替えることが可能です。ハーフリンガルから上下裏側歯列矯正に変更をご希望される場合は、装置の差額分だけで下の装置を裏側に付け替えさせていただきます。表側装置の材料費や撤去費用はいただいておりません。また上下とも裏側からの矯正歯科治療を始めた後、どうしても違和感の問題で下だけ表側に付け替えたいといった場合には無料にて装置の交換をさせていただきます。

マウスピース歯列矯正

インビザライン
インビザライン

▶ 大きな歯の移動を必要としない場合に適した治療法です。

マウスピース矯正装置には様々な種類があり、日本では子供用の装置を除けば、「アソアライナー(クリアアライナー)」「アクアシステム」「インビザライン」「オペラグラス」「DENマウスピース」などがあります。当院ではマウスピース矯正装置として「インビザライン」と「アソアライナー(クリアアライナー)」の2種類を取り扱います。

インビザライン

欧米発のマウスピース矯正装置で、世界で340万人以上の方が使用しています。日本では2006年頃から使われるようになった比較的新しい治療法です。厚さ0.75mmの透明なマウスピースを装着することにより、コンピュータシミュレーションで作成した治療計画を元に1つのマウスピースにつき約2週間で0.25mmずつ歯を動かしていきます。装置がほぼ透明のため治療中の見た目が良く、取り外しができるので歯磨きが簡単で、違和感も少ないのが特徴ですまたインビザラインが他の様々なマウスピースと異なる点は、歯型取りの回数が少なくてすむという点と、アタッチメントと呼ばれる歯に付ける白く目立たない突起物により歯を効果的に移動できるという点があります。ただし、インビザラインに限らずマウスピース矯正は裏側矯正に比べて治療することができる症例が限られています。例えば奥歯を意図的に手前に動かす治療が難しいということ、大きな歯の重なり(がたがた)を直すのには時間がかかってしまうという問題点があります。また、マウスピースが海外で作成されるため装置到着まで時間を要するということがあります。大阪「梅田リンガル」では必要に応じて裏側部分矯正とマウスピース矯正を組み合わせることで、マウスピース矯正の短所を軽減しています。

クリアアライナー(アソアライナー)は他のマウスピース矯正装置と同様に薄く(0.5mmから0.8mm)透明で、目立たない装置です。目標とする歯の移動量が1mmより大きい場合は、20日ごとに新しい歯型を取って、厚さと硬さの違うマウスピースを3種類作成します。インビザラインでは必要不可欠なアタッチメント(歯に付ける突起物)がないため、歯の動きに限界があるということと、一回の歯型取りで歯の移動は約1mmまでという制限があります。インビザラインは海外で製作されるためマウスピース完成まで1ヶ月以上を要するのに対し、アソアライナーは日本の技工所で製作するためマウスピースが約10日で完成します。これらの特徴から、アソアライナーは矯正治療後のちょっとした後戻りを改善するのに適しています。例えば矯正治療前には奥深くに埋まっていた親知らずが、治療後にはえてきて、歯並びがずれてしまうということがありますが、そういった場合にアソアライナーがあれば比較的簡単に歯のずれを改善することが可能です。当院で全体矯正を受けられて、現状維持のための保定装置をしっかりと使用しているにも関わらず歯並びがずれてしまった場合には2年間アソアライナーを無料で行うことができます。親知らずの萌出や咬合力の強さ、保定装置の破損など、どうしても歯のずれを防ぎきれないということあります。大阪「梅田リンガル」では矯正治療後に歯がずれてしまった場合にはマウスピース矯正で元に戻すことができるので安心していただけます。

※マウスピース矯正には上記のように様々な利点がありますが、症例によっては治療期間の延長や歯の動きに制限があるということも否定できません。そこで大阪「梅田リンガル」では、治療上必要な歯の動きやご希望に応じてインビザライン単独で行う治療だけではなく、裏側からの部分歯列矯正と組み合わせたハイブリッド矯正を行っています。例えば大きな歯の重なりを裏側部分矯正で短期間で整え、その後インビザラインに切り替えることで治療期間を大幅に短縮することができます。インビザラインの苦手な歯の動きは裏側部分矯正で補っていきます。

ハイブリッド矯正とは

ハイブリッド矯正に加え、矯正用インプラント(歯科矯正用アンカースクリュー)を併用することでさらなる治療期間の短縮や適用範囲の拡大を行っています。

マウスピース矯正×インプラント矯正

上下共に表側からの矯正歯科治療

上下表側歯列矯正
表側矯正

▶ 装置が目立つため、大人になってからの歯科矯正治療には不向きです。

表側歯列矯正は最も歴史がある治療方法で広く普及しています。上下表側からの歯列矯正を行っている医院は多数あるため医院選びの選択肢が豊富です。

ほぼ全ての症例の治療を行うことができ、適用範囲は広いですが、装置が見えてしまうことや、装置の厚みの分唇が前方に出てしまうという問題があります。お仕事によっては表側からの矯正歯科治療が禁止されている場合もあり、大人になってからの歯列矯正には適さないのが現状です。

このような理由から大阪「梅田リンガル」では、上下共に表側からの歯列矯正を行っていません。目立たない矯正歯科治療に特化することで、見えない・目立たない治療をご希望される患者様によりよいサービスをご提供するためです。

無料の相談予約

インターネット予約

フリーダイヤルでのお問い合わせや初診相談予約も承っております。診療時間内におかけください。