blog院長ブログ

ホワイトワイヤーでの治療について

当院ではホワイトワイヤーをご用意しています。
ハーフリンガル(上が裏側、下が表側)治療では治療中の違和感が上下裏側からの治療に比べて少ないことと、費用を抑えることができるというメリットがありますが下の表側のワイヤーが見えてしまうというデメリットがあります。そこでハーフリンガル治療で、ご希望の患者様にはホワイトワイヤを用いて治療することが可能です。
ホワイトワイヤーには様々な種類があります。材質はNiTi(ニッケルチタン)かSS(ステンレススチール)で、色調はオフホワイトで光沢があるもの、ワイヤーの見える面のみ白くコーティングしたもの、またつや消しの白で色が剥がれづらいものなどがあります。したがってそれぞれのワイヤーの特性から一人一人の患者様の歯並びに合ったワイヤーを選定して使用しています。


ただし治療後半は当院ではTMA(チタンモリブテン合金)を使うためホワイトワイヤーがありません。TMAワイヤーはステンレススチール(硬い材質)とニッケルチタン(柔らかい材質)の間の性質を有しており、歯への負担が少なく、微調整が可能なワイヤーのため、当院での治療では不可欠な材料となっています。
ホワイトワイヤーでの治療を考えられている方は大阪オルソへご相談ください。

裏側・マウスピース歯列矯正の初診コンサルテーション

初診コンサルテーションのご予約はWeb or フリーダイヤルで

フリーダイヤルでのお問い合わせの際は、診療時間内におかけください。

医療法人梅田リンガル 矯正歯科医院 大阪オルソ

  • 住所
    大阪市北区曽根崎新地1-3-16京富ビル9F
  • アクセス
    JR大阪駅 徒歩5分|JR北新地/地下鉄西梅田駅 徒歩1分
  • 完全個室・CT・口腔内スキャナー完備、土日診療

診療時間

平日
11:30-14:30, 16:00-20:30
土日
9:30-12:30, 14:00-18:30
月・木・祝・第3日曜
休診