blog院長ブログ

マウスピースとワイヤーの違い

今回のブログではワイヤーでの治療とマウスピースで治療の違いをご説明したいと思います。まず大きな違いは、ワイヤーでの治療は歯に装置を接着してワイヤーを通すことで、ワイヤーやゴム、バネの弾性力を歯に加えるのに対し、マウスピースでは透明なプラスチックを歯に被せることによりプラスチックの弾性で歯に力をかけていきます。その他にもいくつか違いがありますので代表的な違いをまとめてみました。

  • 歯が動くスピードが違います。マウスピースは1装置につきo.25mm程度ずつ歯を動かしていくのに対し、ワイヤーは1ヶ月で約1〜2mm歯を動かすことができます。マウスピースの交換は2週間に一回が基本ですので、ワイヤーの方が単純に計算すると2倍以上のスピードで歯が動くことになります。
  • 違和感に違いがあります。どちらの装置にも多少違和感はありますが、マウスピースは厚さ0.75mmと薄く滑らかですので、裏側のワイヤーを通す装置に比べ違和感が少ない傾向にあります。
  • 見た目の違いがあります。ワイヤーでの治療は歯の裏側に装置をつけた場合、咬んでいる状態では正面からは装置が全く見えないのに対し、マウスピースは透明とはいえ、多少見えてしまいます。
  • マウスピースは清掃性に優れています。歯磨きの際には装置を取り外すことができるので、普通に歯を磨くことができます。裏側のワイヤーを通すための装置は形が複雑で、しかも歯の裏側にあるので歯磨きが難しくなってしまいます。

ワイヤーとマウスピースは両装置に長所と短所があります。必要な歯の動きやご職業などによってもどちらの装置が適切か選択が必要なので、装置が目立たない治療をお考えの方やマウスピースとワイヤーどちらの治療がいいのか迷われている方は「大阪オルソ」にご相談ください。

 

裏側・マウスピース歯列矯正の初診コンサルテーション

初診コンサルテーションのご予約はWeb or フリーダイヤルで

フリーダイヤルでのお問い合わせの際は、診療時間内におかけください。

医療法人梅田リンガル 矯正歯科医院 大阪オルソ

  • 住所
    大阪市北区曽根崎新地1-3-16京富ビル9F
  • アクセス
    JR大阪駅 徒歩5分|JR北新地/地下鉄西梅田駅 徒歩1分
  • 完全個室・CT・口腔内スキャナー完備、土日診療

診療時間

平日
11:30-14:30, 16:00-20:30
土日
9:30-12:30, 14:00-18:30
月・木・祝・第3日曜
休診