blog院長ブログ

スピード(短期間の)矯正とは

歯列矯正の問題点の一つに治療期間が長いということがあります。セラミック矯正と呼ばれる被せ物で歯並びを改善する方法では、歯の神経を取る場合や歯を大きく削る場合がありますが、数週間で見た目が整ってしまいます。神経をとったり大きく削ったりした歯はどうしても長持ちしなくなってしまうので健康な歯を傷めずに短期間で歯並びを改善する方法はないのでしょうか。そこで今回は一般的にスピード(短期間の)矯正と呼ばれている治療法にはどのような種類があるのか簡単にまとめてみました。

①歯を支えている骨に切れ目を入れて歯を動きやすくする方法があります。表面の硬い皮質骨のみに切れ目を入れる方法や、皮質骨の中の海綿骨まで切れ目を入れる方法、また完全に骨を切り離してしまう方法まで様々な術式があります。海外では多数の症例があるようですが日本ではあまり一般的ではありません。

02_04korutikotomi02_0102_03korutikotomi01_01

②アンカースクリューを使用した治療はチタン合金製の小さいネジを骨に打ち、そのネジから歯に力を加えたり、動かしたくない歯を固定したりする方法です。アンカースクリューを用いることで、動かしたい歯を動かす際の反作用を抑えることができるので治療期間を短縮することができます。

02_13implant_miniplate0102_14implant_vis01

③デジタルデータを利用する方法があります。コンピュータシミュレーションによって治療終了までの歯の動きを知った上で装置を歯の最適な位置に取り付けたり、そこに装着するワイヤーをロボットで作成したりします。歯の動きの無駄を減らし、最終的な歯並びの微調整を最小限にすることができます。

このように歯並びの治療期間を短縮する方法は様々で、今回ご紹介した方法以外にも種々の方法が考案されています。また一つの方法ではなくこれらの手法を組み合わせることでさらに治療期間の短縮も可能です。当院ではアンカースクリューやシミュレーション、加速装置などを組み合わせた独自の方法で歯を動かす期間の短縮はもちろんのこと、装置を作成するための時間にも配慮し、なるべく短い期間で治療を終わらせることにこだわっています。結婚式や就職活動などのためにできるだけ歯並びや口元を短期間で改善したいという方は当院にご相談ください。

裏側・マウスピース歯列矯正の初診コンサルテーション

初診コンサルテーションのご予約はWeb or フリーダイヤルで

フリーダイヤルでのお問い合わせの際は、診療時間内におかけください。

医療法人梅田リンガル 矯正歯科医院 大阪オルソ

  • 住所
    大阪市北区曽根崎新地1-3-16京富ビル9F
  • アクセス
    JR大阪駅 徒歩5分|JR北新地/地下鉄西梅田駅 徒歩1分
  • 完全個室・CT・口腔内スキャナー完備、土日診療

診療時間

平日
11:30-14:30, 16:00-20:30
土日
9:30-12:30, 14:00-18:30
月・木・祝・第3日曜
休診