お問い合わせ: 0120-185-688 | 診察時間:土・日(第2日曜は休診)9:30〜12:30、14:00〜18:30/火・水・金11:30〜14:30、16:00〜20:30
Loading

インプラント矯正のメリットその2

前回に引き続き矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療についてご説明させていただきます。「インプラント矯正のメリットその1」でも記載しましたが矯正用インプラントは直径2mm以内、長さは10mm以内と極めて小さいものです。したがって手術は簡単で痛みはほとんどありません。例えば上あごの裏側に入れるインプラントは手術時間約5分で、出血は1滴あるかどうかです。外す際には麻酔なしで除去できる程です。こんな簡単なものでも、矯正用インプラントがあるのとないのでは矯正治療方法が大きく変わります。「その1」では口元の突出感を改善するために奥歯を固定する目的での使用法について書かせていただきましたが、今回は口元の突出感はなく、歯の重なりが大きく、歯並びががたがたしている場合の治療法についてご説明したいと思います。

dtas_01-150x150

ja 単位はmm

通常、歯の重なりが大きい場合には小臼歯と呼ばれる前から数えて4番目の歯を抜いて、その隙間を使ってがたがたしている歯を並べていきます。私も昔矯正をした際、全ての4番目の歯を抜きました。抜歯基準については以前のブログに掲載させていただきましたが、決して抜歯が悪いものでというわけではなく、必要な時には抜いてあげた方がメリットが大きい場合もあります。しかしながらインプラント矯正の登場により歯を抜かなくても綺麗に治る症例が増えたのも事実です。ある程度歯並びががたがたしていても矯正用インプラントにより奥歯を後方に下げ、歯が並ぶための隙間を作ってあげてそこに歯を並べていくことができます。矯正用のインプラントがなかった時代には抜歯なしではとても並びきらないような歯の重なりが大きい場合でも矯正用インプラントを使用することによって治療することができるようになっています。ただし、条件として奥歯の後ろに、奥歯を移動させるためのあごの骨があるかどうかや、矯正用インプラントを入れる部位の骨の厚みがしっかりとあるかといった診断が重要です。したがってインプラント矯正をするためには歯科用CTで骨の状態をよく確認することが重要になります。

大阪「梅田リンガル」ではご相談の際無料で歯科用CT撮影を行っています。ご相談の時点でインプラント矯正が可能かどうか分かりますので無料カウンセリングの際ある程度詳しい治療方針や期間、費用などをご説明させていただいております。ご自分の歯並びがインプラント矯正で治療できるのかどうか気になっている方は一度当院にご相談ください。