お問い合わせ: 0120-185-688 | 診察時間:土・日(第2日曜は休診)9:30〜12:30、14:00〜18:30/火・水・金11:30〜14:30、16:00〜20:30
Loading

歯列矯正で抜歯が必要だと診断された方必読!抜歯・非抜歯どっちがいいの?

  • Date2016年8月17日
  • Categories

矯正歯科治療ではあごの骨に歯が並びきらない場合には永久歯を抜歯することがあります。治療計画を立案する際には、歯が並ぶためのあごの大きさや口元の突出感、治療後に予測される前歯の傾きを考慮して抜歯が必要かどうかを決定します。

普通に考えれば歯の本数が減ると噛むところが少なくなるので食べ物を噛む能力は減ってしまうと思われます。一方で、小臼歯を抜歯せずに不正咬合(歯がしっかりと噛み合っていない状態)を改善しなければ、本来歯が持つ機能を果たせなくなり、より好ましくない結果になるとも考えらます。お口の中の機能というところに着目した場合、歯を抜くということは機能を低下させるということにはならないのでしょうか?

pixta_7179513_S

広島大学の研究では矯正歯科治療の際に抜歯をした場合と抜歯をしなかった場合にはどのように口の機能が変化したかを調べています。この論文では

  1. 歯のがたつきの程度
  2. 噛んだ時に上下の歯が当たるポイントの数
  3. 咀嚼能率(前回ブログ参照)
  4. 噛むための筋肉の動き

を矯正歯科治療の前後で評価しています。その結果、歯列矯正での抜歯を伴う治療と非抜歯での治療とではほぼ同じか抜歯したほうが改善が大きかったということがわかりました。したがって適切な診断であれば矯正治療における抜歯によって食べ物を噛み砕く機能が落ちるということはないということが分かります。矯正科医も歯科医ですので出来る限り抜歯をせずに治療をしたいと思っています。もし歯列矯正で小臼歯の抜歯が必要と診断された際にはなぜ抜歯が必要なのかということと、治療後にどのような歯並びになるのか担当の先生からしっかりと説明を聞いていただくとその理由がよく分かるのではないでしょうか。