お問い合わせ: 0120-185-688 | 診察時間:土・日(第2日曜は休診)9:30〜12:30、14:00〜18:30/火・水・金11:30〜14:30、16:00〜20:30

消化が良くなる?歯列矯正で改善される咀嚼能力とは

咀嚼とは、食べ物を細かく咬み砕くことです。咀嚼を行う意義は4つあると言われています。 1) 食べ物を飲み込みやすくする 2) 味覚を刺激して唾液や消化液の分泌を促進する 3) 口の周囲の血流を増加させて健康を維持したり、発育を促進したりする 4) 食べ物を粉砕することによる心理的な満足感を満たす 歯列矯正は、咬み合わせを整えることにより、見た目だけではなく咀嚼能力を向上することができます。
続きを読む

口元の美しさの決め手、Eラインとナソラビアルアングルとは

人は好ましい顔には良い印象を持ちます。付き合いが長くなり人柄を理解できるほどの間柄であれば別ですが、それ以前の段階であれば外見は大きな意味を持っています。外見、中でも「顔」は第一印象の決めてといっても過言ではありません。理想的な顔に近づけるために美容整形ではヒアルロン酸やシリコンなどの人工物を使用したり、顔にメスを入れたりして顔をその時代にあった形に近づけます。それに対し私が専門で行っている歯列矯正では、歯並び、咬み合わせといった咬合機能を改善することで結果的に口元の印象も整えることができます。
続きを読む

開咬、すきっ歯、出っ歯の方必読!「舌癖」って何?

お口の周りに関係する「くせ」が咬み合わせに影響することめずらしくありません。今回はその中でも開口やすきっ歯、出っ歯の原因となる「舌癖」(ぜつへき)についてご説明します。
続きを読む

表か裏か!裏側矯正が選ばれる4つの理由

矯正歯科治療をするための装置は様々な種類があります。最も代表的な物が歯の表側に金属の器具をつけて、そこにワイヤーを通して歯を動かす装置です。一昔前であれば表側の装置以外の矯正装置では歯並びが上手く治らなかったり治療期間が大幅に延長してしまったりしました。しかしながら昨今では材料や手法、矯正用インプラントなどの進化により、治療の質を落とすことなく様々な矯正装置の選択ができるようになりました。今回はその中でもご要望の多い裏側矯正が選ばれる4つの理由をご説明します。
続きを読む
  • Date2016年5月29日
  • Categories

妊娠中に歯科治療をしても大丈夫?

妊娠中にはやはりお腹の中の赤ちゃんのことを第一に考えないといけませんので歯科治療によって赤ちゃんに負担がかからないかということは妊娠中の方やこれから妊娠を考えられている方にとって一番気になるところです。今回は妊娠中の歯科治療について3つのことをご紹介します。
続きを読む

受け口の治療法3選

前回は出っ歯の治療法についてご説明させていただきましたが今回は受け口の治療法についてご説明したいと思います。受け口とは一般的に下の前歯が上の前歯より前方に出ている状態を指します。この状態の中には上下のあごの骨の位置関係の前後が反対になっている場合と歯のみの位置関係が反対になっている場合とがあります。原因と程度により治療法は異なりますが今回は受け口の代表的な治療法を3つご紹介したいと思います。
続きを読む

出っ歯を治す方法3選

出っ歯には様々な状態があります。上の前歯だけ前方に出ている場合や上下とも前歯が前方に位置している場合などどういった状態を出っ歯と感じるかは人によってまちまちだと思います。学術的には上顎前突、下顎遠心咬合、両顎前突のことだと思われますが、一般的には広辞苑によると前歯が前方に反って出た状態を指しているようです。そこで今回は上だけ、または上下の前歯が前方にあり、口元が出ている状態の治療法について代表的な3つの治療法をご紹介したいと思います。
続きを読む

矯正治療を最短で終わらせる3つの方法

矯正歯科治療はその他の歯科治療に比べて長い時間がかかります。なるべく治療期間を短縮したいというのが患者さんと矯正歯科医の共通の願いです。これまで矯正治療期間短縮のために様々な方法が考案されてきました。例えば歯の周りの骨に切れ目を入れる方法や、歯に定期的な振動を与える方法、歯茎にレーザーを当てる方法などです。どの方法も痛みがあったり、毎日続けることが難しかったり、そもそも効果が証明されてなかったりと治療期間の大幅な短縮は中々難しいというのが現状です。そこで今回は確実で簡単な、治療期間をある程度短縮できる3つの方法をご紹介したいと思います。
続きを読む

マウスピース矯正×インプラント矯正

近年インプラント矯正(歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療)が一般的に知られるようになってきました。またマウスピース矯正も一昔前には一部の簡単な矯正治療にしか適用ではないと考えられていましたが、材料や補助器具、新しいノウハウで難しい症例にも適用できるようになってきています。これらの新しい矯正歯科治療を組み合わせることでさらに高度な治療ができるようになっています。
続きを読む

矯正用インプラントセミナーに参加しました。

先日新しい矯正用インプラント(歯科矯正用アンカースクリュー)のセミナーに参加してきました。矯正用のインプラントは日進月歩で、以前いいと言われていたものが実は脱離率が高く今はほとんど使われていなかったり、改良品が開発されていたりしますので、最新の情報が得られるようセミナーには積極的に参加するようにしています。
続きを読む