blog院長ブログ

部分矯正の適応症について

以前マウスピース型装置での部分的な治療について書かせていただきましたが、今回は部分的な歯並びの治療全般についてご説明したいと思います。

私が昔マウスピース型装置(インビザライン)のセミナーに初めて参加した時、銀座の著名な先生が自院の患者さんの2、3割が歯列矯正経験者だとおっしゃっていました。つまり、1度治療を受けたけれど、リテーナー(現状維持のための装置)をあまり使用できなかったか、生理的な歯並びの変化で歯が動いてしまったものをまた元に戻したいと思われている患者さんが多数いらっしゃるということです。またそれほど噛み合わせに不具合はないけれど、ちょっとしたガタつきが気になるという方や、本当は徹底的に歯並びをよくしたいけれども健康保険が適用されませんのでどうしても予算的に難しいという方もいらっしゃいます。そこで、部分的な歯並びの治療が可能であれば、気になる所だけ必要最低限治療をすることにより、費用や期間を抑えることができます。部分的な治療が可能かどうかは個々の患者さんの歯の状態やご要望にもよりますが、完璧な噛み合わせを目指さなければ対応できることがほとんどです。

DSC_2656

ただし噛み合わせが深い(上の前歯が下の前歯に被さっている)場合には上の前歯の裏側に装置を取り付けることが難しくなります。下の歯がほとんど見えないくらい上の前歯が下の前歯に被さっていると、上の前歯の裏側に装置を取り付けた際、下の前歯に装置が当たってしまうからです。このような場合には全体的な治療では噛み合わせを調整するための材料を奥歯に付けることで対応できるのですが、部分的な治療では奥歯の噛み合わせがずれるといった問題から噛み合わせの高さの調整をすることができません。したがって噛み合わせが深いケースの部分的な治療ではマウスピース型装置を選択します。マウスピース矯正では前歯の裏側に装置を付けなくていいので噛み合わせの深さは関係ありません。マウスピース型装置での部分的な治療の適用条件は14装置以内で気になる歯並びが改善できるかということと(1装置で歯が0.25mm動きます)、装置が透明だとはいっても多少は表側から見えますので、見た目にご納得頂けるかということになります。このように裏側の装置かマウスピース型装置(インビザライン・薬機法対象外)を使い分けることで、ほとんどのケースで目立たない装置である程度歯並びを改善することができるようになりました。

また当院ではご希望に応じて部分的な治療から全体的な治療への切り替えを、お得に切り替えていただける制度もございます。いきなり全体的な治療から始めることが不安な場合には、まずは部分的な治療を体験し、それから全体的な治療へと移行できるので、こちらの制度をご利用される方はお気軽にお尋ねください。

裏側・マウスピース歯列矯正の初診コンサルテーション

初診コンサルテーションのご予約はWeb or フリーダイヤルで

フリーダイヤルでのお問い合わせの際は、診療時間内におかけください。

医療法人梅田リンガル 矯正歯科医院 大阪オルソ

  • 住所
    大阪市北区曽根崎新地1-3-16京富ビル9F
  • アクセス
    JR大阪駅 徒歩5分|JR北新地/地下鉄西梅田駅 徒歩1分
  • 完全個室・CT・口腔内スキャナー完備、土日診療

診療時間

平日
11:30-14:30, 16:00-20:30
土日
9:30-12:30, 14:00-18:30
月・木・祝・第3日曜
休診