blog院長ブログ

表か裏か!裏側矯正が選ばれる4つの理由

歯並びを改善するための装置は様々な種類があります。最も代表的な物が歯の表側に金属の器具をつけて、そこにワイヤーを通して歯を動かす装置です。一昔前であれば表側の装置以外の治療では歯並びが上手く治らなかったり治療期間が大幅に延長してしまったりしていました。しかしながら昨今では材料や手法、アンカースクリューなどの進化により、治療の質を落とすことなく様々な装置を選択できるようになりました。今回はその中でもご要望の多い裏側矯正が選ばれる4つの理由をご説明します。

  1. 見た目がいい

歯の裏側に装置をつけるので装置が他の人から見えることはほとんどありません。また表側からの治療では装置の厚みの分だけ唇が前方に押され口元が出てしまうのに対し、裏側の装置は口元の形態を変えることがありません。

  1. 口元を下げやすい

口元の突出感を改善したい場合には歯の裏側から前歯を引く方が前歯を下げ易く、場合によっては下げ過ぎないように注意する必要があるほどです。

  1. 虫歯になりにくい

裏側の装置は歯磨きが難しいので虫歯になり易いと思われがちですが、実際には虫歯ができにくいと言われています。その理由は唾液が出る穴が歯の裏側にあるからです。唾液は溶けた歯を修復してくれるリン酸カルシウムを含み、食べ物を洗い流し、また酸を中和する性質もあります。もちろん歯磨きは必要ですが、唾液の恩恵を受けやすい歯の裏側は虫歯になりにくいのです。

  1. 舌が出る癖を解消できる

開咬(前歯が咬めない状態)、出っ歯、すきっ歯の原因として舌が歯を押す癖がある場合があります。治療終了後にこの癖が残っている場合にはせっかく治療した歯並びが元に戻ってしまうリスクが高くなります。裏側からの治療では装置が常に舌に触れるため、その違和感を避けるため舌が前に出にくくなります。治療で歯を動かすと同時に癖の改善もできるのです。

次回は今回のブログの4番目の中にある不正咬合(咬み合わせが悪いこと)の原因の一つとされる舌の癖について書きたいと思います。

開咬、すきっ歯、出っ歯の方必読!「舌癖」って何?

裏側・マウスピース歯列矯正の初診コンサルテーション

初診コンサルテーションのご予約はWeb or フリーダイヤルで

フリーダイヤルでのお問い合わせの際は、診療時間内におかけください。

医療法人梅田リンガル 矯正歯科医院 大阪オルソ

  • 住所
    大阪市北区曽根崎新地1-3-16京富ビル9F
  • アクセス
    JR大阪駅 徒歩5分|JR北新地/地下鉄西梅田駅 徒歩1分
  • 完全個室・CT・口腔内スキャナー完備、土日診療

診療時間

平日
11:30-14:30, 16:00-20:30
土日
9:30-12:30, 14:00-18:30
月・木・祝・第3日曜
休診