お問い合わせ: 0120-185-688 | 診察時間:土・日(第2日曜は休診)9:30〜12:30、14:00〜18:30/火・水・金11:30〜14:30、16:00〜20:30

マウスピース矯正とワイヤー矯正の違い

ワイヤーとマウスピースでの矯正治療では様々な違いがあります。ワイヤーでの治療は歯にワイヤーを通すための装置を付けてワイヤーをセットし、そしてそのワイヤーと装置にゴム、バネを補助的につけることで、ワイヤー、ゴム、バネの弾性力で歯を動かします。マウスピース(インビザライン)は透明なプラスチックを歯全体を包み込むように被せることにより、プラスチックの弾性力を歯に加え歯を動かしていきます。今回のブログではこれらの装置の違いを詳しくご説明させていただきます。
続きを読む

自力で歯の矯正ができるのか

私は学生時代の前歯の真ん中に隙間があることが気になり、よく指で隙間を閉じようと力をかけていました。しかし何度やっても隙間を閉じることが出来ず、結局は矯正歯科治療で治したという経験があります。なんとか自分である程度歯並びを改善することはできないのでしょうか?
続きを読む

インプラント矯正のメリットその2

前回に引き続き矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療についてです。矯正用インプラントは極めて小さいものです。したがって手術は簡単で痛みはほとんどありません。手術時間約5分で、外す際には麻酔なしで除去できる程です。こんな簡単なものでも、矯正用インプラントがあるのとないのでは治療方法が大きく変わります。今回は歯の重なりが大きく、歯並びががたがたしている場合のインプラント矯正治療法についてご説明したいと思います。
続きを読む

インプラント矯正のメリットその1

インプラント矯正とは歯科矯正用アンカースクリュー(矯正用インプラント)を用いた矯正歯科治療のことをいいます。抜けた歯の代わりとなるインプラント(デンタルインプラント)とは違い、矯正用のインプラントは直径が2ミリ以下で長さも1センチ以下とかなり小さいチタン製のネジのようなものです。この小さなネジのおかげで従来の矯正歯科治療とは全く違う治療ができるようになっています。
続きを読む