blog院長ブログ

マウスピースとワイヤーでの部分矯正の違い

部分矯正とは

部分的な治療は全体的な治療とは違い、気になる部位のみ改善する治療です。ただしワイヤーを使う治療とマウスピースを使う治療では「部分」の意味が異なります。部分的な治療はワイヤーでもマウスピースでも歯の動きに制限がありますが、その制限に大きな違いがあります。

ワイヤーを用いた治療

ワイヤーでの部分的な治療では文字通り一部の歯にしか装置をつけませんので、装置を取り付けた歯のみを動かすことができます。

マウスピースを用いた治療

マウスピースでの部分的な治療は装置の数に制限があります。マウスピースを使用する治療ではマウスピースを1週間毎に交換し、1装置につき0.25mmずつ歯を動かします。マウスピースでの部分的な治療は使用できる装置の数が14枚なので、14枚のマウスピースで動かすことができる範囲で歯並びを改善していくことになります。装置の枚数制限内であれば前歯と奥歯を同時に動かすこともできるので、動かす場所の制限はありません。一方で、1本だけの歯の移動でも移動量が大きいと14枚では治すことができない場合もあります。

DSC_2656

ワイヤーとマウスピースの選択基準

マウスピースとワイヤーのどちらを使って治療する方がいいかを選択する際、当院では上下の前歯がどの程度深く噛み込んでいるかを判断しています。咬み合わせが深い場合(上下の歯の縦方向の重なりが大きい場合)は上の歯の裏側にワイヤーを通すための装置を接着できないのでワイヤーでの部分的な治療は難しくなります。(全体的な治療では噛み合わせが深いケースでも奥歯の高さを調整することにより裏側から治療も可能です。)マウスピース型装置(インビザライン・薬機法対象外)では咬み合わせの深さに関係なく装置を装着することができます。

まとめ

当院で部分的な治療を行う場合、咬み合わせが深い場合はマウスピースを、咬み合わせが浅く、上の裏側に装置がつけられる場合にはワイヤーでの治療をお勧めしております。部分的な治療は適用対象外のケースもありますので、気になるところだけを歯並びを改善したいというご希望がございましらたまずはお気軽にご相談ください。

裏側・マウスピース歯列矯正の初診コンサルテーション

初診コンサルテーションのご予約はWeb or フリーダイヤルで

フリーダイヤルでのお問い合わせの際は、診療時間内におかけください。

医療法人梅田リンガル 矯正歯科医院 大阪オルソ

  • 住所
    大阪市北区曽根崎新地1-3-16京富ビル9F
  • アクセス
    JR大阪駅 徒歩5分|JR北新地/地下鉄西梅田駅 徒歩1分
  • 完全個室・CT・口腔内スキャナー完備、土日診療

診療時間

平日
11:30-14:30, 16:00-20:30
土日
9:30-12:30, 14:00-18:30
月・木・祝・第3日曜
休診